借入ランキング!最短で即日借り入れ&無担保・保証人不要【借入DX】

消費者金融と銀行カードローン、即日借入にはどちらがおすすめ?

銀行にも消費者金融にもそれぞれのよさがあります。しかし即日の借り入れに絞って考えるのであればどちらを選ぶとより可能性が高くなるのか、その答えはあります。

 

  • 急ぎの時にはスピード重視の消費者金融
  • 時間にゆとりがあるなら低金利の銀行カードローン

 

即日借り入れのためには消費者金融を選択するとより可能性が高くなります。消費者金融は数多くあります。金利にも違いがあり、サービスにも違いがあります。さらには即日借り入れの可能性も違います。

 

ランキング

 

プロミス

プロミスの特徴

  • 最短1時間融資
  • 30日間無利息が借り入れ翌日からの適用となる
  • 24時間受けられる振込キャッシングのサービスがある
  • インターネット返済で24時間いつでもどこからでも返済ができる

年利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
評価 評価5
プロミスの総評

消費者金融の中でも最大手となるのはプロミスです。不動の人気を誇っています。また即日融資も可能で、現在の業界の中では最もスピーディでしょう。

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

アコム

アコムの特徴

  • 最短即日融資
  • 30日間無利息が契約翌日から適用
  • 24時間受けられる振り込みキャッシングがある
  • 35日ごとの返済がある

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
アコムの総評

大手消費者金融のアコムは、楽天銀行口座であれば24時間振り込みキャッシングが利用できます。そのまま24時間対応のインターネット返済にも活用ができます。平日14時までに必要書類をFAXし、アコム側が確認すればネット申し込みでも即日融資が可能です。 30日間無利息は契約翌日からの適用となるため申し込みから借り入れまでの期間が短ければ短い方がお得に活用できます。30日間無利息サービス※条件は35日ごとの返済を選択すること

オリックス銀行

オリックス銀行の特徴

  • 30〜50代の方におすすめ!
  • 即日融資は難しいため、お急ぎではなく、じっくり検討・計画いただいている方
  • 学生・主婦・パートアルバイトよりは、安定した収入のある自営業者やサラリーマン、公務員の方
  • 高額融資向き(まとまった金額の借入目的)

年利 1.7%〜17.8%
限度額 最高800万円
評価 評価4
オリックス銀行の総評

オリックス銀行カードローンは融資限度額に応じて大きく金利が変わります。残念ながら少額のキャッシングでは消費者金融と金利が変わらないものの、200万円以上の融資限度額の時には金利が格段に低くなることが人気の理由です。但し、借入までに時間がかかるのがデメリットです。審査は最短即日ですが、借入までに3営業日〜5営業日はかかります。

モビット

モビットの特徴

  • WEB完結でカードレスのキャッシングが出来る
  • 審査結果が10秒でわかる(事前診断による結果表示)
  • 電話確認無し、郵送無しにできる

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
評価 評価3
モビットの総評

最近メキメキと人気が出てきたのは竹中直人さんがCMをするモビットです。カードレスのキャッシングもあり、その新しい方法として脚光を浴びています。

※即日借入は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

そもそも、借入とは?どんな意味なの

借入の正しい読み方

日本語は熟語を変則的に読むことがあります。

 

重箱読み 上の字を音・下の字を訓で読む
湯桶読み 上の字を訓・下の字を音で読む

 

借入は簿記用語でも「かりいれ」としています。たとえばパソコンやスマホなどで「かりいれきん」と入力すると「借入金」が出てきます。一方でメディアのアナウンサーが「しゃくにゅうきん」と読むことがありますが実は一般的ではありません。

 

重箱読みや湯桶読みが一般的な読み方ではないということはありません。たとえば湯桶読みには目線、見本、敷金などごく一般的なものも多くあります。借入は「かりいれ」です。しゃくにゅうと読むことは不正解ではないものの一般的ではありません。

 

借入残高とは

消費者金融から融資額「50万円」で契約をしているとします。実際に借り入れたのは「30万円」で、毎月の返済は1万円、現在4回の返済が終わっています。さて、このときの借入残高はいくらでしょうか。※金利は18.0%とします。

 

融資限度額 50万円
実際に借入をした額 30万円
毎月の返済額 1万円
返済合計額 4万円
実際に返済した額 22,502円
利息支払額合計 17,498円
借入残高 277,498円

 

つまり、「実際に借入をした額−実際に返済した額」が借入残高です。

 

利息が差し引かれるため入金した返済額と実際に返済ができた額は違います。

 

借入残高とは、実際に借入をしている額です。返済をすれば借入残高は少なくなりますが、この場合277,498円になるものの、利息をつけて返済をするため借入残高=返済額ではありません。

 

借入とローンの違いとは

ローンとは金融機関が個人へ融資をする商品をさすことが一般的です。さまざまなローン商品があります。身近なローン商品としてはこのようなものがあります。

 

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • カードローン

 

目的に合わせた額を一括で借り入れ、その後月々返済を行っていくタイプ(住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなど)や、融資限度額が決められてその範囲を自由に借り入れたり返済をするタイプ(カードローン)などがあります。たとえば「ローンの借入額」という言葉が使われることがあります。「ローン商品で実際に借り入れている額」という意味です。

 

借入を厳密に言うと金銭や品物を借りることではありますが、実際には借入という言葉は金融機関からお金を借りることなど「借金」をさしていることが一般的となっています。

 

リボ払いも借入に含まれる?

キャッシングやローンを利用するときに申込書に申告する内容を記入しなくてはなりません。そこには他社からの借入について申告する項目がありますがリボ払いも含まれるのでしょうか?

 

消費者金融の申し込みではクレジットカードのショッピング枠は申告する必要はありません。消費者金融が把握したいのは「総量規制の対象になるか」であり、貸金業者からの借入のみを入力することが一般的です。銀行カードローンでも他社からの借入状況を記入する欄がありますが、ここでも住宅ローンやクレジットカードは除くと記載されていることがあります。

 

一方でクレジットカードの申し込みでは「クレジットカードのリボ払い残高」を記入する欄がある場合もあります。

 

借入の反対語は?

借入の反対語は「返済」です。借入をした以上はその返済をしていかなくてはなりません。

クレジットカードを作るときの書類で、お借入残高って欄がありますがこれは何ですか?

銀行のカードローンや、消費者金融のキャッシングとは一味違ったクレジットカード。実はクレジットカードにはショッピング枠(割賦法)とキャッシング枠(貸金業法)があります。そのためクレジットカードの申し込み書類にある借入残高には注意事項が記載されています。

 

借入先すべての合計 現在の借金総額
銀行カードローンや住宅ローンを除く 貸金業(クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融)からの借入

記載がない場合にはクレジットカード会社に問い合わせて確認をしましょう。申告しなくてもよい額まで記入してしまうより申告する必要のある額で収めておきたい項目です。

 

最も重要なことは大手消費者金融を選ぶという基本の形

消費者金融は数多くあります。私たちが普段目にしている消費者金融といえばどこがあるでしょうか?CMでよく見かける大手ばかりが浮かびます。それで間違いありません。

 

サービス・スピード・安全性なら大手消費者金融を選ぶ!

 

大手消費者金融だからこそのサービススピードがあります。中小消費者金融や、地方消費者金融など、そこがたとえ正規の消費者金融だったとしても十分なサービスとスピードを期待することはできません。

 

闇金融に引っかからないという「安全」のためにも、そしてより可能性が高い「借り入れ」のためにも大手消費者金融から選択することをキャッシングの基本として考えましょう!

 

即日借り入れのために比較したいことは

今日でなければならない、明日でなければならない、それほどに差し迫った状況であれば消費者金融の比較ポイントも異なります。そのためには3つのポイントを確認することが大切です。

 

即日借入の3つのポイント・申し込み方法・借入方法・契約方法

 

本来は契約が先であり、借入が後になるものです。しかし即日借り入れを検討する際には借入方法を検討することが先になります。なぜなら、借入方法によって契約方法が異なるからです。

 

借入方法には振り込みキャッシングとATMからの借入の2種類があります。

 

振り込みキャッシング ATMからの借り入れ
銀行口座消費者金融から自分の銀行口座に借入金額を振り込んでもらいます。そのため振り込みキャッシングは「銀行営業時間に行われる」借入となります。 自動契約機カードがあれば24時間いつでも借り入れる方法があります。消費者金融が用意する専用ATMばかりではなくコンビニの提携ATMもあります。

一部大手消費者金融では特定の銀行口座を対象に24時間対応の振込みキャッシングもあります。

来店の必要がない便利な振込みキャッシングですが、対応時間には限りがあるため気をつけなくてはなりません。

 

また、もうひとつのポイントとして振り込みキャッシングで借り入れを即日に行うためには、平日の14時というタイムリミットがあります。大手消費者金融で確認をしてみましょう!

 

即日振込の条件

プロミス モビット アコム
平日14時までにWEB契約が完了している 平日正午までに申し込みが完了している 平日14時までに必要書類の提出

 

即日の振込みキャッシングで借入をするときには時間に気をつけなくはなりません。もちろん借入方法は振り込みキャッシングだけではなく、カードを使えば借入がしやすくなります。

 

ATMから借入をするためにはカードが必要であり、今度はカードが即日発行される借入方法を検討しなくてはなりません。申し込みをしたその日のうちにカードが発行される借入方法は2つです。

 

  • 自動契約機
  • 店頭窓口

 

営業時間が長く用意されているのは自動契約機です。そのためカードを使った借入をするときには自動契約機を利用することになります。

 

自動契約機営業時間

プロミス モビット アコム
9時〜22時(※一部21時もある) 8時〜21時 8時〜22時
9時〜21時三井住友銀行ローン契約機(※契約機により営業時間、休日が異なる)    

即日借入のまとめ
振り込みキャッシングで借入をするならインターネット契約に進みましょう。カードを使った借り入れをするなら自動契約機に向かいます。

 

即日借入にインターネット申し込みが欠かせない理由

振り込みキャッシングで借入をするときでも、ATMから借入をするために自動契約機を使うときでもインターネット申し込みは欠かすことができません。

 

インターネット申し込みのメリットを見てみましょう!

 

24時間申し込み受付・審査時間が有効に使える

 

24時間申し込みを受け付けてはいるものの、審査対応時間は限られています。

 

審査対応時間

プロミス モビット アコム
9時〜21時 9時〜21時 8時〜22時

 

審査結果が出てくるまでの時間はどこの消費者金融でも最短30分です。この時間を有効に活用することができます。審査結果いかんによって次の行動を決めることができるでしょう。

 

インターネット申し込みはいつでも受付をしているため今日中にお金が必要と気がついた総量でも申し込みをすることができます。

 

金利が低くはならないが、無くなることはある

 

消費者金融の金利には高いというイメージがあります。確かに大手消費者金融の上限金利は18.0%、銀行カードローンの上限金利は一般的に14.5%となっています。

 

少額の借入、短期間の返済に向いているのは消費者金融の金利が高いからであり、もうひとつ充実している返済方法があるために完済がしやすいという特徴もあります。低金利ではないものの、無利息期間がある消費者金融もあります。

 

プロミス   アコム  
無利息期間 30日間 無利息期間 30日間
条件 プロミスを初めて利用すること 条件 初めてアコムを利用すること
Eメールアドレスを登録すること 35日ごとの返済を選択すること
WEB明細を利用すること  
適用開始 初めての借り入れ翌日 適用開始 契約翌日

 

金利ばかりに注目をしていたのでは、即日借入ができてもその後の利用に面倒や支障をきたすことがありえます。そのためにも利用方法については慎重に検討する必要があるものの、無利息期間を活用して利息のないうちに返済をする、もしくは無利息期間中に大きな金額を返済するなどの無駄のないキャッシング計画を立てましょう。

 

個人が銀行借入する為の条件〜審査・金利・限度額まで

個人が銀行借入をするためには、申し込み前に確認しなければならない項目があります。

  • 審査
  • 金利
  • 限度額

借入をするためには希望する限度額の範囲になるかどうかはもちろんのこと、適用される金利、審査の内容なども大切なチェック項目です。インターネット専業銀行の中でもトップクラスのオリックス銀行、そして日本3大メガバンクの三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行を比較してみましょう!

 

  オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行
申し込み条件 申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方原則、毎月安定した収入のある方日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人原則安定した収入がある保証会社(アコム(株))の保証を受けられる 申込時満20歳以上満69歳以下の方原則安定したご収入のある方三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方安定かつ継続した収入の見込める方保証会社の保証を受けられる方本人に収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方は、ご利用限度額30万円を上限に申し込み可能。外国人の方は永住許可を受けている方が対象
審査時間 最短即日※土日祝日は未対応 最短30分 最短即日 ネット申し込みの場合最短即日

 

審査時間はそれほど長くかからないものの最短即日と考えてよいでしょう。申し込み時間によっては翌日以降に回答となります。申し込み条件は比較をしても大差ありません。

 

  オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行
100万円未満 12.8%〜17.8% 13.6%〜14.6% 12.0%〜14.5% 14.00%
100万円 6.0%〜14.8%     12.00%
100万円超150万円以下   10.6%〜13.6% 10.0%〜12.0%  
150万円超200万円以下 5.0%〜12.8%      
200万円超300万円以下   7.6%〜10.6% 8.0%〜10.0% 9.00%
300万円超400万円以下 4.5%〜8.8% 6.1%〜7.6% 7.0%〜8.0% 7.00%
400万円超500万円以下   1.8%〜6.1% 6.0%〜7.0% 6.00%
500万円超600万円以下 3.5%〜5.8%   5.0%〜6.0% 5.00%
600万円超700万円以下     4.5%〜5.0% 4.50%
700万円超800万円以下 1.7%〜4.8%   4.0%〜4.5% 4.00%

 

融資限度額によって適用金利が決まります。金利の加減を見るのではなく借入を希望する額では適用金利がいくらになるのかを確認しましょう。たとえば50万円の借入をしたいときには「100万円未満」の項目を比較します。

 

オリックス銀行 12.8%〜17.8%
三菱東京UFJ銀行 13.6%〜14.6%
三井住友銀行 12.0%〜14.5%
みずほ銀行 14.0%

下限金利を比較するのではなく、上限金利で比較をしましょう。

 

  オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行
限度額 800万円 500万円 800万円 800万円

 

三菱東京UFJ銀行カードローンが唯一限度額500万円までとなっています。ただし、融資限度額は審査によって決められるものであり通常最高限度額が適用されることはありません。

 

任意整理後に借入できますか?

結論から言うと一定期間はできません

 

任意整理とは
債務整理には種類があり、任意整理はこの中のひとつの方法です。返済ができない状況にある債務を、債権者との交渉で返済が可能な額にします。裁判所が間に入らないため最もよく利用される方法です。

 

@一部の借金のみ任意整理という選択ができる

すべての債務を任意整理するのではなく、任意整理する債務の選択もできます。たとえば消費者金融の借金だけを任意整理して住宅ローンは残すということも可能です。

 

A一部の任意整理をしたとき、ほかの借入はできなくなる

任意整理をしたときにすぐに「任意整理をしていない債務」が利用できなくなるということはありません。個人信用情報機関に任意整理を行った記録が残るため新たな借入、新規申し込みはできませんが、現在利用中の債務も信用調査があると任意整理をしたことが判明するため追加融資はできなくなります。

 

貸金業法によって10万円以上の借入がある場合には3ヶ月に1度個人信用情報機関に照会する事が義務付けられています。

 

B一定期間とは個人信用情報機関に掲載されている期間

個人信用情報に任意整理を行った記録が残っているとそれは事故情報として3つある個人信用情報機関すべて共有されます。(CRINという信用情報交流ネットワーク)
個人信用情報機関では掲載される期間がそれぞれの項目によって決められています。任意整理は5年となります。

 

無職だけど借入したい場合どうすればよい?

無職といっても専業主婦の場合には配偶者貸付を行っている銀行カードローンもあるため借入先がないわけではありません。ただし、独身で収入がない状態の無職の場合には金融機関からの借入はできません。理由は「返済能力がない」からです。

 

融資を行う際の審査では返済能力が最も重要なポイントです。たとえこれまでに返済の遅れがなかったとしても現時点で無職であれば審査に通ることはありません。その理由はひとつ。「返済するための収入がないから」です。

 

無職の方がお金を借りたい場合、金融機関は選択肢から除外します。しかし借りる方法がないわけではありません。収入がなく、生活が成り立たない場合には公的融資に相談しましょう。

 

生活福祉資金貸付制度

失業中であること、休職中であること、そして失業保険の受給資格がないこと。この3つの条件があれば本来、低所得世帯・高齢者世帯・障碍者世帯が利用できる公的融資の生活福祉資金貸付制度ですが無職でも利用する資格があります。連帯保証人がつけられれば無利子となりますが、連帯保証人を立てない場合でも1.5%です。受付は都道府県社会福祉協議会です。

 

借りない支援〜生活困窮者自立支援制度〜

平成27年4月から始まった生活困窮者のための支援制度。全国に配置された地域の相談窓口で支援印と相談をしながら解決に向けた支援が行われています。自立相談支援事業があり生活の不安に対して支援プランを作成してもらいます。さまざまなサポートがありますが給付金に限ってみてみましょう。

 

住居確保給付金の支給

離職などの理由で住居を失った、もしくは失う可能性が高い場合には一定期間家賃相当額の支給があります。
※就職に向けた活動をすることが条件です。

 

一時生活支援事業

住居を持たない、もしくはネットカフェ等の不安定な住居形態にある方には宿泊場所や衣食住の提供があります。