住宅ローンは年収の5倍以内に抑えるべき|借入可能額の早見表

住宅ローン借入可能額は?

少なからず住宅ローンで破産する方はいます。せっかく購入したマイホームを手放すことにならないためにも、そして、毎日の生活を安定してすごすためにも借入れ時点で無理をしないことは大切です。

 

いくら借入れができるのか(借入可能額)は返せる額ではありません。金融機関では返済比率を目安として融資額を審査しています。年収の中で住宅ローンの返済額の割合を住宅ローン返済負担率としています。

 

住宅ローンの年間返済額÷年収×100

 

住宅金融支援機構では返済比率を

 

  • 年収400万円未満は30%以下
  • 年収400万円以上は35%以下

 

と定めています。

 

ただし、一般的には返済比率20%〜25%が理想とされています。住宅ローンで破綻する可能性を低くするためです。

 

ほかのローンも含めて計算することになります。たとえばクレジットカードのキャッシングやマイカーローンなど。住宅ローン以外の借金分、住宅ローンの借入額から減額されるものとして考えなくてはなりません。

 

考えなければならないポイントは2つ。

 

  • いくらずつ返済をするか?
  • 何年ローンにするのか?

 

この2つの条件によって同じ年収でも借入可能額が変わってきます。また、返済も毎月のほかボーナス返済もできるかどうかもチェックしておかなくてはなりません。

 

ローン借入額+自己資金−諸費用=購入できるマイホームの価格

 

住宅ローンの借入可能額の早見表

それでは実際にフラット35で計算した住宅ローンの借入可能額の早見表です。条件はこちら。

 

  • 金利 1.2%
  • 返済期間 35年
  • 元利金等返済
  • 返済負担率

  年収400万円未満は30%以下
  年収400万円以上は35%以下

 

年収 借入可能額
300万円 2570万円
400万円 3990万円
500万円 4990万円
600万円 5990万円
700万円 6990万円
800万円 7990万円
900万円 8990万円

 

住宅ローンは年収の何倍が目安なのか?

第一に覚えておかなくてはならないのはここでいう「年収」は税込み年収ではなく手取り年収です。実際に受け取れる年収で計算しなくてはなりません。

 

住宅ローンは年収の5倍以内に抑えるべき

 

たとえば年収の4.5倍が借入可能額だとしても実際に手取り下計算をすると5倍を超えてしまいます。年収の5倍以内、これは返済をしていくためには避けられない数字です。