国民金融公庫で借り入れ

国民金融公庫借り入れ

日本政策金融公庫、いわゆる国民金融公庫借り入れがあります。事業を行っている方にとっては強い味方となるでしょう。

 

日本政策金融公庫

 

資金の調達は事業をしている方は、いつでも頭を悩ませている問題かもしれません。開業をするときにも、保証金や設備資金など非常に大きな桶が必要になります。代金回収よりも支払いが先になることもまた、開業間もない時の不安要素でもあります。

 

商品を納めたとしましょう。
その代金を回収できるのはその場ではありません。どうしても2か月3か月先になってしまうものです。

 

反対に仕入れの代金はすぐにでも、用意しなければならない商品を手に入れるための支払いです。だからこそ資金繰りは開業の時には特に重要となり、さらにはその後も延々と続く問題でもあります。

 

消費者金融でもビジネスローンがあったり、銀行でも中小企業への融資も行っています。しかし、問題は審査ではなく金利になるでしょう。

 

ビジネスローンであれば、比較的審査は難しいものではありませんが金利に不安が残ります。大きな融資ともなれば、保証人や担保が必要になることもあります。

 

まず考えてみたいのは、国民生活金融公庫(日本政策金融公庫)での融資でしょう。

 

中小企業であっても、個人事業主であっても比較的借りやすい環境が整えられていることが特徴です。低金利で融資期間も長く、返済期間も長く用意されています。

 

融資の対象となる資金は、事業に必要な運転資金や設備資金です。ただし、緊急性のある融資には向いているとは言えません。

 

なぜなら申し込みをしてから融資が決定するまでの、平均所要日数は2週間程度かかるからです。

 

保証人も必要とは決められていないものの、相談に応じることができるとされています。担保がある、保証人があるとなれば利率も有利に適用されます。反対に無担保、無保証人の融資制度もあります。

 

公的融資ほど事業主にとって安心できる借り入れ先はありません。商工会議所や商工会などで詳しい情報を確認すると安心でしょう。