債務整理後の借り入れ

債務整理後の借り入れ

事故情報というのをご存知でしょうか?

 

消費者金融などのキャッシングだけではなく、携帯電話の契約でも、クレジットカードの契約でも金銭に関わる契約があったときには、その情報が信用情報機関に登録されています。

 

日本には3つの個人信用情報機関があり、各々に加盟をしている会社、金融機関しか情報を提供したり照会したりすることができません。

 

つまり、JICCだけに加盟している消費者金融がCICの情報を閲覧することはできないということです。

 

しかし、唯一すべての個人信用情報機関で共有されている情報があります。

 

それが、事故情報です。

 

債務整理も事故情報です

事故情報といえば、3か月以上の返済の遅延、銀行カードローンなどの代位弁済、強制解約などがありますが、債務整理もまた事故情報であるということに驚いたかもしれません。

 

弁護士や裁判所の力を借りて債務整理を行いますが、それがまさか事故情報として扱われることになるとは思わなかったという方は実に多いものです。

 

簡単に考えてみましょう!

事故情報とは、借り入れた金額を無事に完済ができなかったということです。

 

例えば、3か月以上の返済の遅延があった、保証会社による代位弁済が行われたなど、その後返済があったとしても返済中に大きなトラブルがあったときには、それが事故情報として扱われます。

 

それでは、債務整理はどうでしょうか?

 

債務整理も、約束していた完済金額を支払わなかったという点では同じことです。契約不履行、それが事故情報になっています。

 

債務整理をすると、今後の借り入れはどのようになるのか気になるところでしょう。これは消費者金融などの借り入れだけではありません。さまざまな債務、もしくは契約に不利になります。

 

事故情報として登録されている期間中は、申し込みをしても審査に通ることはほとんどないでしょう。

 

ただし、事故情報があると債務を行ってはいけないという法律があるわけではなく、各金融機関の与信判断の一材料です。

 

その為、金融機関によっては事故情報が登録されていても融資が行われることもありますが、これは相当に稀なことであるという認識でよいでしょう。