借入前の審査とは?

借入前の審査とは?

借入前にはどのようなローンでも必ず審査が行われますね。時々「審査なし」などと書かれているローンを見つけることもありますが、金融機関は営業しているわけですから誰にでもお金を貸すことはできません。つまり審査なしで利用できるローンというのはまずありませんし、あったとしてもそれは違法な金利などを設定している業者かもしれません。

 

審査は必ず行われるものですが、通常数段階に分かれています。

 

仮審査一次審査事前審査などと名称は違っていてもまず申し込み者の属性をスコア化することで行うケースが多くなっています。住宅ローンのようなローンにおいては事前審査では本人確認を中心に、本審査では収入と貸付額を中心にといったように審査によって項目が違っていることなどもあります。

 

カードローンでは、スコア化した点数が金融機関の定める基準値をクリアしていれば借入可能と判断されることが多いのです。属性には申し込み時に記入する年齢や、勤務先、勤続年数などあらゆる項目が含まれています。それを点数化していくのも各金融機関が行うことですし、何点になれば借入できるのかということは申し込み者には一切分かりません。否決になってもその理由が分からないわけですから審査に何度でも落ちてしまうという可能性もあるのです。

 

事前審査が可決になっていれば本審査で落ちることはまずないといった情報もよく見かけますが、もちろん100%確かなことではありません。

 

実際仮審査後契約に行ったらできなかったというケースも起こっています。とはいっても理由もスコア化の方式も知ることができない限りは、申し込み者は自分の属性をありのままに記載するしかないでしょう。

 

他のローンでの利用額を少なく書いたり、収入を多く書いたりということを、たくさん借りたい時にはしてしまいやすいのですが、いずれも知られてしまう可能性があります。他のローンは個人信用情報ですぐに分かってしまいますし、収入は勤務先などから割り出す方法を金融機関は持っています。

 

不自然な点があると見られて収入証明書の提出を求められることになれば、もちろん簡単に本当のことは分かってしまいます。借入前の審査に当たって身構えたり緊張したりする必要はありませんが、記入漏れやミスがないように正確に記載することを心がけましょう。

 

どんな点を審査されるのか

ローン審査ではどんな点を見られるのでしょうか?

 

もちろん記入する項目は全てが重要ではあるでしょうが、その中でも特に気にするべき点を知っておきたいものですよね。

 

借入に関する審査で金融機関が確認したいことは、申し込み者が信用できるかどうかという点です。

 

ここでの信用とは、きちんと返済する意志とその能力があるかどうかということになります。いくら申し込み者が「返します。」と自分で宣言していても(もちろん返さないと宣言する方はいないでしょうが)、カードローン等では担保や保証人が必要ない訳ですから、もしも返済されなければ金融機関は貸し倒れとなってしまいます。それを数多く抱えることになってしまっては営業できなくなってしまうでしょう。

 

ですから、収入ももちろん大切ですしそこからキチンと返済できると思われる額を判断するためには、他のローンや出費などもある程度把握する必要が金融機関としてはあるでしょう。

 

申し込み者としては信用度を高めたいと色々なことをしたくなりますが、審査の基準などが分からないわけですから、何をどうすれば確実に借りられるということは分からないのです。ということは、自分の属性などを正直に間違いがないように記載することぐらいしかできることはないのです。

 

ローン審査でなにより重視されるのは、これまでの借入や返済の履歴であると言われています。

 

今までに借入をしていることが問題となるのではなく、その返済に遅れたという記録が残っていれば「また返済しない人物。」とみなされることになってしまうということです。

 

そして返済の遅れなどの記録が一旦残ってしまえば、完済してから5年後でないとその記録が消去されることにはなりません。つまり、返済遅れの記録が残っている限りすぐにはローンを利用できない状態になるということです。クレジットカードや商品購入の分割払いなども個人信用情報に記録が残っています。全てに注意をしておくことが必要です。