アルバイトでも借り入れ可能なカードローン

借り入れ:アルバイト

「アルバイトで生活しているけど、お金を借りることはできるのだろうか?」
「アルバイト収入だけど、まとまった借り入れは可能なの?」

 

正社員ではなくアルバイトで生計を立てている方でも、お金を借りたいと思われる方も多いでしょう。はたしてアルバイト収入でカードローンなどの借り入れは可能なのでしょうか?

 

アルバイトでも借り入れ可能なカードローンを探しましょう

最近ではアルバイトの方でも利用できるカードローンが登場しています。20歳以上で安定したアルバイト収入が確保できていれば、消費者金融や銀行でも借り入れ可能としている先が増えてきています。

 

ここでいう「安定した収入」とは、借入希望金額に応じて返済に十分な収入が「安定して」見込むことができる、ということを意味しています。

 

アルバイト収入であっても、日雇いや単発の収入ではアルバイト可能としているカードローンでも審査に合格することは難しいでしょう。

 

また「安定した収入」を求める場合、勤続年数もおおきなポイントとなります。

 

同じ勤務先に長い期間アルバイトとして勤めている方であれば、審査でも有利となります。逆にアルバイトを初めて間もない方や、勤務先を変更したばかりの方は、審査でも不利となるでしょう。

 

勤続年数の基準は各社異なっており一概に言えませんが、最低で3ヶ月、できれば半年以上は同じ勤務先で働いている実績が欲しいものです。

 

高額融資は期待できない!!

アルバイト収入をもとにカードローンを申し込んだとしても、あまり高額融資は期待できません。消費者金融などのカードローンは、総量規制の対象となっています。

 

年収の3分の1以上の借り入れが制限されています。

アルバイト収入はそれほど多くなないでしょうから、仮に審査に合格できたとしても借り入れできる金額も制限されてしまいます。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外です。

 

しかし2017年5月以降、銀行カードローンの過剰な貸付が問題視されたことから、メガバンクを中心とした各行は、年収の3分の1以上の貸付を制限する自主規制を設けています。

 

地方銀行もこの流れに追随する動きを見せていますので、銀行カードローンでもアルバイトの方はそれほど高額の融資は期待できないでしょう。