1. 借り入れランキング!最短で即日借入&無担保・保証人不要【借入DX】
  2. 借入
  3. 家族や会社にバレずに内緒でキャッシング【郵送物・電話連絡なし】

家族や会社にバレずに内緒でキャッシング【郵送物・電話連絡なし】

 2018/02/01 借入   648 Views

「お金を借りたいけど家族にばれたくない!」
「カードローンでキャッシングすると会社にバレるのが怖い!」

このように思われる方も多いでしょう。その理由は様々でしょうが、どうしても家族や会社などの周囲にバレずにキャッシングするには、どのような点に注意しておけばいいのでしょう。

そもそも家族や会社にバレずにキャッシングする方法あるのでしょうか?

郵送物・電話連絡なし!SMBCモビットのWEB完結申込

SMBCモビット

家族や会社、周囲の方に借入がバレる不安を感じる方におすすめの先があります。それが「SMBCモビット」です。大手消費者金融のひとつである「SMBCモビット」は三井住友銀行グループに属しており、安心して利用することができます。

「SMBCモビット」には「WEB完結申込」があります。文字通りインターネットを利用して申込から契約、借入まで完結できるサービスです。「WEB完結申込」には以下のような特徴があります。

①電話連絡なし

本人確認、在籍確認などの電話連絡がありません。

②郵送物なし

契約書類や利用明細などの郵送物がありません。

③カードレス取引

借入は振込対応で行われます。

これらの特徴より、家族や周囲にキャッシングの利用がバレる危険がはるかに少ない商品となっています。ただし、利用には以下の条件を満たす必要があります。

モビットの公式サイトはこちら
  1. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を保有していること
  2. 社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)もしくは組合保険証を所有していること

一般の社会人などではそれほど難しい条件ではありませんので、借入が周囲にバレるのが不安な方は利用を検討してみましょう。

家族や会社にバレる理由とは?

まずは、金融機関のカードローンなどでのキャッシングが家族や会社にバレる理由を考えてみましょう。その主な理由は次の2点です。

①電話連絡

申込書には必ず自宅及び勤務先の電話番号を記入します。そしてその連絡先にカードローン会社から連絡がはいることで、カードローンの利用が周囲にばれてしまいます。電話連絡には次のようなケースが考えられます。

  • 審査結果の連絡
  • 利用案内の連絡
  • 会社への在籍確認
  • 新商品の案内
  • 返済遅延時の督促連絡 など

②郵便物の発送

最近は来店不要型のカードローンも多くなっています。しかし商品によっては契約書類のやり取りを郵送で行うこともあります。当然、郵便物は誰が受け取るかわかりません。契約書類や借入カードが自宅に発送されて、家族が受け取ることで利用がばれてしまうかもしれません。

また毎月の利用明細やDMなどの発送などでも家族にばれる要因です。合わせて毎月の返済遅延を発生させた場合、督促状などの発送も行われることになります。

バレないための対処法は?

では周囲にバレないための対処法は、どのようにすればいいのでしょうか。先に述べた2つの理由に応じた対処法を考えてみましょう「。

①電話連絡を避ける

カードローン会社からの電話連絡が不安な方は、担当者にあらかじめ相談してみましょう。審査結果は利用案内などの連絡を個人携帯電話や携帯メールで受け取るように対応をお願いしておきましょう。

また借入利用途中の案内電話も「電話連絡不要」といった対応ができないかどうかを相談してみましょう。プライバシー保護の観点からも、多くの金融機関では徹底してもらえるはずです。

②郵送物がない商品を選択する

郵送物の発送が不安な方は、そもそも郵送物が無い商品を探してみましょう。最近では来店不要型商品でも、契約書や借入カードの発送が行われない商品も登場しています。

また利用途中の取引明細やDMなどの郵送物も、あらかじめ金融機関に相談して自宅宛てに発送されないようにしておくことも可能です。取引明細は近年WEB明細での対応商品が増えていますので、事前に確認しておきましょう。

借入カードは契約機で受け取る

カードローンはその名の通り、カードを利用して借入を行うローンです。最近ではカードレスのカードローンも登場していますが、基本的には契約を行うと借入カードが発行されます。当然、借入カードが自宅に発送されると、受取を家族が行うかもしれません。

これを避けるには、カードを郵送以外で受け取るか、カードレスの商品を選択する必要があります。一番の対処法は自動契約機や窓口でカードを受け取る方法です。一番簡単な手順は以下の通りです。

  1. インターネットから申込を行う
  2. 審査結果をメールで受け取る
  3. 本人確認書類を持参して、借入カードを自動契約機や窓口で受け取る

申込から借入までの時間も短縮したいのであれば、インターネットの活用が一番です。申込の際には「カードの受け取りを自動契約機、もしくは店頭」と指定しておくようにしましょう。同時にこのような対応が可能かどうか、金融機関に事前に確認しておけば安心です。

郵送物の印字でバレる?

借入カードや契約書類を郵送対応している商品などでは、これらの書類が自宅宛てに発送されます。これらの郵送物を誰が受け取るかはわかりません。ただし郵送物の差出人にカードローン会社名が書かれていることはあまりありません。大手先では次のようになっています。

消費者金融 差出人名義
SMBCモビット MCセンター
プロミス 事務センター
アイフル AIセンター
アコム ACサービスセンター

これらの差出人だけで、カードローンを利用しているとバレるリスクは少ないでしょう。しかし「これ何?」と不審がられる危険はあるかもしれません。

在籍確認でバレる?

カードローンの審査では「在籍確認」が行われます。申込に記載の勤務先が正しいかどうか、その会社に本当に勤務しているのかを確認する作業です。

在籍確認は勤務先にカードローン会社の担当者が電話をかける方法で行われます。この電話がきっかけで会社の同僚などにカードローンの借入がバレることを不安に感じる方も多いはずです。

在籍確認の電話はカードローン会社名ではなく、個人名でかかってきます。一般的には次のような感じです。

担当者「私、○○(個人名)と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか」
同僚「はい、少々お待ち下さい」
本人「お電話代わりました、△△です」
担当者「△△様でしょうか」
本人「はい、そうです」
担当者「これで本日は終了です、ありがとうございました」

場合によっては生年月日などを確認することもありますが、基本これだけの作業になります。

また、カードローンの申し込みをした本人が席にいない場合には次のような感じです。

担当者「私、○○(個人名)と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか」
同僚「申し訳ありません、△△はただいま外出中です」
担当者「わかりました、ありがとうございました」

申込者がその会社に勤務していることが確認できればOKです。どうしても自分で電話を受けたい場合は、時間を指定することなどが可能かどうか担当者に相談してみましょう。

いずれにしてもこのような対応で同僚などにカードローンの借入がバレる危険は少ないといえます。金融機関もカードローン利用者のプライバシーに配慮しているため、柔軟に対応してくれます。

在籍確認を行わない金融機関もある

それでも会社に電話がかかるのが不安に感じる方もおられるのではないでしょうか。金融機関の中には以下の対応で在籍確認の電話を省略できる先もあります。

  • 在籍証明書の提示
  • 社名の入った健康保険証の提示
  • 社名の入った給与明細の提示 など

これらの対処はあくまで「在籍確認の電話を省略する」もので、在籍確認を行わないものではありません。不明な点は金融機関担当者に申込の前に確認するようにしましょう。

借入・返済はATMで!

カードローンで借りたお金は返済しなければいけません。しかし借入を「口座振込」、返済方法を「口座振替」などに指定することで、家族に借入がバレる危険もあります。借入の振込や返済の履歴などが通帳などに記録されてしまうためです。

自分だけが管理して、家族が知らない口座と通帳を利用しておけば問題ないと考えるかもしれません。しかしなんらかの事情で口座保有もバレてしまうかもしれません。

「この振込は何?」「この返済って借金の返済?」

このようなリスクに対する方法は、ずばり「ATMの利用」でしょう。借入、返済ともに専用ATMやコンビニなどの提携先ATMを通じて行えば、通帳に記録が残ることもありません。ただしATM利用時の利用明細などの取扱には十分注意しましょう。

返済を遅れるとバレる!!

電話連絡、郵送物発送とも、何等かの対処法を取ることができる金融機関も増えています。しかしこれはきちんと借入金を返済している場合です。万が一返済が遅延してしまうと、その限りではありません。

毎月の返済が遅れると、金融機関も督促を行う必要があります。まずは自宅などに督促の電話連絡が入ります。その後勤務先への督促連絡や自宅宛ての督促状の発送が行われます。督促状は始めの内ははがきなどですが、そのうちに内容証明郵便などのランクアップして、最終的には法的手段をうかがわせる内容となります。

返済ができなくなる事情は、人それぞれでしょう。しかし金融機関に何も相談しないでそのまま放置しておいては仕方がありません。金融機関側に誠意を伝えるためにも、できるだけ早く(できれば返済を遅らせる前に)必ず相談するようにしましょう。その内容によっては電話連絡や郵送物発送も検討してくれるはずです。

このような対応を行わずに、家族や会社に借入がバレるのは、自分自身の責任です。誰も責めることはできません。

まとめ

銀行、消費者金融ともに利用者のプライバシーには十分配慮してくれます。もちろん借入をバラしたくないという利用者の立場にも十分理解してもらえます。

これまでに紹介したポイントを押さえておけば、誰にもバレることなくカードローンを利用できるでしょう。ただし対処法を十分理解して遵守することが大切です。

とくに返済が遅れるのは、あくまで自分自身の責任ですので、十分注意してカードローンを利用していきたいものです。

\ SNSでシェアしよう! /

借り入れランキング!最短で即日借入&無担保・保証人不要【借入DX】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借り入れランキング!最短で即日借入&無担保・保証人不要【借入DX】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仮審査が通って本審査が通らないということはある?

  • 闇金の特徴と見分け方

  • 無審査で借り入れできる?

  • 借入申込書には原則収入印紙は不要である

  • 新規貸越停止とは

  • どのような借入理由であれば審査に通りやすいのか?