家族にバレない借り入れ手段は?

家族にバレない借り入れは?

「お金を借りたいけど、家族にバレたくない!!」

 

このように思われる方も多いのではないでしょうか。その理由は様々でしょうが、どうしても家族にバレずに借り入れするには、どのような点に注意しておけばいいのでしょうか。

 

家族にバレないためには、次の2点が重要

金融機関のカードローンなどで借り入れを行う際、家族にバレないために注意しなければいけないのは、以下の2点です。

 

電話連絡が無い

申込書には必ず自宅及び勤務先の電話番号を記入します。そして審査結果の連絡が、自宅の電話に入ることもあります。その結果家族のカードローンの申込がばれる危険があります。

 

これを防ぐには、審査結果の連絡を個人携帯電話や携帯メールで受け取るように対応をお願いしておきましょう。

 

また利用途中でも金融機関の案内電話が自宅電話に行われることもあります。家族がその電話を受付することでカードローンの利用がバレることも想像できます。

 

事前に「電話連絡不要」などを金融機関に徹底してもらうようにしましょう。

 

郵便物が無い

最近では来店不要型のカードローンも多くなりました。しかし商品によっては契約書類のやり取りを郵送で行うこともあります。当然、郵便物は誰が受け取るかわかりません。

 

契約書類や借入カードが自宅に郵送されることで、家族にバレてしまうこともあるでしょう。仮に郵送物の封書名に金融機関名が記載されていないケースでも、勘のいい家族であれば怪しまれることになります。

 

これを防ぐには郵送物が発行されない金融機関を選択するようにしましょう。

 

来店不要型でも借入カードや契約書類の郵送が行われない商品も登場しています。また利用途中の取引明細・DMなどの郵送にも注意を払うようにしましょう。取引明細は近年WAB明細に対応できる先も増えています。

 

DMを含めて郵送物が自宅宛てに発送されないように、金融機関に確認しておくようにしましょう。

 

返済に遅れるとばれる

電話連絡無し・郵送物無しの対応を行う金融機関であっても、それは正常に返済している場合に限られます。毎月の返済に遅れていると、当然督促の電話や郵便対応を行う必要があります。

 

その結果、当然家族に利用がバレるだけでなく、返済を遅れている事実も発覚するかもしれません。家族にバレずにお金を借りたいという理由は人それぞれです