1. 借入DX
  2. ビジネスローン
  3. アコムビジネスサポートカードローンの審査基準は?

アコムビジネスサポートカードローンの審査基準は?

 2019/07/16 ビジネスローン   65 Views

個人事業主の融資はどうしても時間がかかってしまいます。特に景気動向の左右を大きく受ける中小の個人事業主は、審査基準も厳しくそれだけ審査日数が必要となります。

ただし消費者金融のビジネスローンの中には、個人事業主でも即日融資を可能にしている商品もあります。大手消費者金融のアコムが提供する「ビジネスサポートカードローン」も即日融資が可能な個人事業主限定のビジネスローンとして人気を集めています。

アコムビジネスサポートカードローンとは?

「むじんくん」の自動契約機で知られている「アコム株式会社」は、昭和53年設立の大手消費者金融です。平成16年、現在のUFJフィナンシャルグループと業務提携を開始し、平成20年に連結子会社となりました。自社の商品提供の他、メガバンクや地方銀行カードローン商品の信用保証業務を多く請け負っており、信頼度は抜群です。

アコムが提供するビジネスローンが「ビジネスサポートカードローン」です。個人事業主限定の商品ですが、即日融資が可能で急なビジネス場面での出費にも対応できます。ビジネスローンでありながらプライベートでも利用可能とあって、多くの中小個人事業主に好評です。

商品概要(2019年7月1日時点)

融資額 1万円~300万円
貸付利率 実質年率12.0%~18.0%
(融資額100万円以上の場合、12.0%~15.0%)
資金使途 自由
返済方式 定率リボルビング方式
遅延損害金(年率) 20.00%
返済期間・返済回数 最終借入日から最長8年7ヵ月・1~89回
貸付対象者 業歴1年以上の個人事業主の方で当社基準を満たす方
担保・連帯保証人 不要
融資金額100万円以上で金利が低め?
適用金利は「実質年利12.0%~18.0%」です。ただし融資額100万円以上の場合は「12.0%~15.0%」となっています。初めての利用の場合、多くのケースで上限金利が適用されます。銀行融資に比較して高めですが、可能であれば「100万円以上」で申込を行ってみましょう。

必要書類

申込時に必要な書類は以下になります。必ず事前に確認して準備しておきましょう。

本人確認書類
運転免許証を持っている方は、必ず運転免許証の写しを提出します。運転免許証がない場合は、以下のいずれかを提出します。いずれも有効期限内または現在有効なものに限ります。

  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 健康保険証+住民票もしくは公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHK等)もしくは納税証明書
  • 在留カードもしく特別永住者証明書(外国籍の方)

収入証明書類
直近1期分の「確定申告書B(第一表)(写し)」

希望契約極度額が100万円超の場合は次の書類も必要になります。

青色申告の場合 直近1期分の「青色申告決算書(写し)」
白色申告の場合 直近1期分の「収支内訳書(写し)」

手続きの流れ

①申込
まずは、以下のいずれかの条件にあてはまるかどうか確認してみましょう。

  • アコムのカードローンを利用している
  • 「希望契約金額と他社借入金額の合計」が年収の3分の1を超えている(超えてるかもしれない?)

この場合は「電話」で連絡を行うと、必要書類や契約方法についての説明を受けることができます。

上記の条件にいずれもあてはまらない方は、以下の5種類の方法で申込を行います。

  • インターネット
  • 電話
  • 店頭来店
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 郵送

24時間受付可能なインターネッでの申込が便利でおすすめです。

②書類の提出
以下のいずれかの方法で書類を提出します。

  • 会員専用ページからのアップロード
  • 専用アプリからのアップロード
  • FAX
  • 郵送
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)

③審査
申込内容・提出書類に従い、審査が行われます。審査結果は最短30分で連絡が来ます。契約に際して電話での確認が必要な場合は、電話で連絡があります。

④契約
審査に合格するとメールなどで案内が行われます。契約手続きは以下の2通りです。

  • 来店(店頭・自動契約機)
  • 郵送

カードの受け取り後、借入が可能になります。また電話やインターネットからの申し出で振込融資を受けることもできます。

アコムビジネスサポートカードローンは即日融資が可能

アコムの審査回答時間は最短で30分程度と業界でもトップクラスです。これは「ビジネスサポートカードローン」でも変わりありません。個人事業主の審査は時間がかかると考える方も多いですが、アコムでは素早い審査回答が期待できます。

審査スピードに合わせて、申込を行ったその日に融資を受ける「即日融資」が可能になります。店頭やむじんくんでの申込の他、インターネットからの申込でも契約を店頭やむじんくんで行うことで、その場で借入カードが発行され、すぐに借入を利用できます。

個人事業主のビジネスでも急にまとまった資金が必要になる場面もあるでしょう。そのようなときには本当にありがたい存在となります。

返済方式・返済方法

返済方式

返済方式は「定率リボルビング方式」です。最後に借入したときの借入残高に「一定の割合」を掛けた金額が、毎月の最少返済金額となります。「一定の割合」は、契約時の契約極度額に応じて以下のように決まります。

契約極度額 割合(百の位は切り上げ)
30万円以下 借入金額の4.2%
30万円超 借入金額の3.0%
100万円以下
100万円超 借入金額の3.0%
借入金額の2.5%
借入金額の2.0%
借入金額の1.5%

例えば契約限度額が30万円で10万円借入した場合、10万円×4.2%=4,200円となり、百の位が切り上げされるので、毎月の最低約定返済額は5,000円となります。

返済方法返済方法は以下の5通りです。

  • インターネット
  • 店頭窓口
  • ATM(アコムATM・提携ATM)
  • 振込
  • 口座振替(自動引き落とし)

ATMでの返済はアコムのATMであれば手数料無料です。

返済日は、口座振替の場合は6日です。毎月払いで、返済方法が口座振替以外の場合は、6日以外を選択可能です。また35日ごと返済も選択できます。

アコムビジネスサポートカードローンの審査基準は?

金融機関は個人事業主に対する審査基準を厳しくする傾向があります。特に景気動向を受けやすい中小の個人事業主に対する融資審査はかなり厳しく行う先もあります。

一方、アコム ビジネスサポートカードローンは個人事業主限定の商品です。あえて個人事業主に利用を限っていることから、法人と個人事業主両方に対応したビジネスローンに比較して、個人事業主が利用しやすくなっています。

また提出書類を見てみると「直近1期分の確定申告書」となっています。多くのビジネスローンでは「直近2期分」を要求している先が多いことからも、審査基準が緩めであることが予想されます。

さらに借入限度額は「最高300万円」とビジネスローンにしては低めに設定されています。小口融資に限定することからも、アコムビジネスサポートカードローンは個人事業主の小口需要に優しい商品といえるでしょう。

アコムビジネスサポートカードローンの評判

全体評価 4.0点
飲食店経営・借入希望金額100万円 40
すぐに借入できました
店舗のリフォーム資金のビジネスローンを探していました。銀行は敷居が高いと感じましたので、知名度のあるアコムのビジネスサポートカードローンを申込ました。むじんくんからその日に契約、借入できました。これで安心です。
全体評価 3.0点
小売業経営・借入希望金額200万円 40
いざというときの保険代わりです
当面は資金繰りは大丈夫ですが、いざというときに備えてカードローンのビジネスローンを利用したいと考えていました。アコムで申し込んだところ、すぐに審査合格の通知が。プライベートでも利用できるとあって満足です。
全体評価 2.0点
運輸業経営代表者・借入希望金額300万円 50
法人は利用できません
知名度の高いアコムですが、ビジネスローンは法人では利用できませんね。残念です。

アコムビジネスサポートカードローンのメリット

①即日融資・即日審査

審査回答時間は最短で30分。むじんくんなどでその日にカード発行、融資を受けることができます。事業資金をその日に調達したいと願う方にとってありがたい存在です。

②プライベートで利用可能

ビジネスローンでありながら、個人のプライベートでも借入が認められています。いざという場合、1枚保有しておけば安心です。

③メガバンクグループの安心感

全国的に知名度の高いアコムの商品です。メガバンクの一角である三菱UFJフィナンシャルグループとしての安心感は抜群です。

アコムビジネスサポートカードローンのデメリット

①法人は利用不可

個人事業主限定の商品ですので、法人の事業資金や法人代表者は利用できません。

②限度額が低め

借入限度額は上限300万円。ビジネスローンとしては物足りなさを感じます。

まとめ

ビジネスローンは審査時間がかかる金融機関が多い中で、最短30分審査、即日融資が可能となっています。法人は利用できませんが、個人事業主の方の、いざという資金不足には最適。プライベートでも利用できますので、1枚保有しておくだけで安心感を得ることができます。

何よりもメガバンクグループの商品ですので、不信感を得ることなく安心して利用できるのが一番ではないでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • 三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査基準はかなり厳しい?

  • エムアールエフは赤字でも必ず借りれるビジネスローンなのか?

  • ビジネクストの評判からメリット・デメリットを徹底分析

  • プロミス自営者カードローンの審査を分析

  • スタービジネスカードローンの審査基準は?

  • オリコビジネスサポートプランの審査基準と口コミ