1. 借入DX
  2. ビジネスローン
  3. オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査基準と評判

オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査基準と評判

 2019/07/06 ビジネスローン   188 Views

プロ野球チームなどが有名なオリックスグループ。その一員であるオリックスクレジット株式会社のビジネスローンが「オリックスVIPローンカードBUSINESS」です。

中小企業や自営業者などに人気が高く、幅広い顧客層を有するビジネスローンです。即日融資可能、柔軟な返済が可能といった特徴を有する「オリックスVIPローンカードBUSINESS」をあらゆる角度から分析していきましょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESSとは?

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は、オリックスグループの信販会社「オリックス・クレジット株式会社」が提供している金勇サービスです。オリックス・クレジットは2019年オリコンランキングのノンバンクカードローン部門で1位を獲得しており、利用者に圧倒的な人気を誇っています。

オリックスグループの商品である「オリックスVIPローンカードBUSINESS」も中小企業経営者や個人事業主から支持を集めているビジネスローンで、来店不要・最短即日融資可能で、急な資金需要にも対応できます。

ビジネスローンですがプライベートでも利用可能とあって、様々なニーズで活用できます。

商品概要(2019年7月1日時点)

契約枠(コース) 50万円~500万円
金利(実質年率) 6.0%~17.8%
※金融情勢等により融資利率が変更することもあります。
※100万円コース以上は14.9%以下となります。
返済方式 リボルビング払いまたは1回払い
契約期間 1年毎の自動更新
返済期間/回数 ・リボルビング払いご利用の場合 利用内容により異なります。
〔最長10年2ヶ月・122回払い(500万円を融資利率14.9%・毎月ご返済額8万円で利用した場合)〕
利用可能枠の範囲内で繰返し借り入れた場合は、利用残高が変動するため返済期間、返済回数も変動します。
・1回払い利用の場合 28日~61日(利用日により異なります。)
申込み可能な方 20歳~69歳までの方で、以下のいずれかに該当する方。
・業歴1年以上の個人事業主の方。
・法人格を有する事業の代表者の方
遅延損害金 実質年率19.9%
担保・保証人 不要

なお適用される利率は「契約枠(コース)」によって次のように決定されます。基本的には高額契約になるほど利率は低くなりますが、契約枠(コース)・適用利率とも、審査により決定されます。

契約枠(コース) 融資利率(実質年率)
500万円コース 6.0%~14.9%
400万円コース 6.0%~14.9%
300万円コース 6.0%~14.9%
200万円コース 6.0%~14.9%
100万円コース 6.0%~14.9%
50万円コース 8.0%~17.8%

必要書類

申込に際しては以下の書類が必要です。必ず事前に準備しておきましょう。

本人確認書類(写)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

氏名・生年月日・住所が確認できる面(ページ)は、全て提出しなければいけません。本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合は、公共料金の領収書など、現住所の記載がある書類も合わせて提出が必要です。

収入証明書類(写)

  • 源泉徴収票(直近年度分)
  • 給与明細書(直近2ヶ月連続分+直近1年分の賞与明細書)
  • 確定申告書(直近年度分)
  • 課税証明書(直近年度分)

自営業者の場合

直近年度分の確定申告書に加えて経営状況申告書の提出が必要です。経営状況申告書は事業計画や資金計画などを申告する書類で、オリックス・クレジットのホームページからダウンロードできます。

必要書類はスマートフォンやカメラで画像化し、申込みフォームへの入力完了後にホームページへアップロードして提出します。

手続きの流れ

①申込
公式ホームページの申込フォームに必要事項を入力し送信します。送信後に表示される申込フォームに必要事項をご入力の上、ご送信ください。送信後に表示される「ご提出書類アップロード画面」から本人確認資料と年収確認資料をアップロードします。個人事業主の方は「経営状況申告書」も同時にアップロードします。

②審査
入力された内容に基づいて審査が行われます。審査終了後、承認の場合は勤務先の本人宛に在籍確認が行われます。その後申込内容の確認が行われます。その他の場合(否決・減額など)はEメールで審査結果のご連絡が行われます。

審査結果の連絡は平日9時から19時までに行われます。ただし申込の受付時間、審査状況により、翌営業日以降の連絡となることもあります。

③カード郵送
申込フォームで指定された送付先 (ご自宅・ご勤務先) にカードが郵送されます。法令により、勤務先を選択された場合にも、契約時には自宅に別途本人確認のために、文書が送付されます。なお封書には全て「オリックス・クレジット株式会社」の社名が記載されています。

④契約内容の同意と確認
WEB上で契約内容 (法令書面) の確認と契約内容の同意手続きを行います。

⑤利用開始
契約内容の同意手続き (取組同意ボタンを押下)を行うと 借入が可能になります。手元にカードが届いていなくてもホームページから振込みによる融資の申込が可能です。

平日の14:30までに契約内容の同意を行った場合、当日の振込による融資が可能です。

借入方法

借入方法は以下の2通りです。

①提携ATM
借入金額に応じてATM手数料が必要となるケースが多くなっています。また利用できる時間帯なども異なりますので、借入前に確認しておくようにしましょう。

②振込
契約完了後、電話で振込依頼を行います。振込融資依頼が平日の14:30以降になってしまった場合、振込みが実施されるのは最短でも翌営業日以降となりますので注意しましょう。

返済方法

返済方法は以下の2通りです。

①提携ATM
返済金額に応じてATM手数料が必要となるケースが多くなっています。また利用できる時間帯なども異なりますので、事前に確認しておくようにしましょう。

②口座振替
契約後に振替用口座の登録を済ませれば、毎月の返済を口座振替で行うことも可能です。手数料無料のため、契約後はなるべく早めに口座振替へ切替えを行いましょう。毎月の返済日は、10日・20日・末日のいずれかから選択します。

なお繰上返済は提携ATMを利用して行います。

返済方式

返済方式は以下の2通りから選択できます。

①新残高スライドリボルビング返済
利用直後の借入残高に応じて毎月の返済額が以下のようにスライドします。

利用直後の残高 毎月返済額
~50万円以内 15,000円
50万円超~100万円以内 25,000円
100万円超~200万円以内 40,000円
200万円超~300万円以内 60,000円
300万円超~400万円以内 70,000円
400万円超~500万円以内 80,000円

②元利払定額リボルビング返済
利用残高に関わらず、毎月の返済額は契約枠(コース)により以下のように決定されます。

契約枠(コース) 毎月返済額
50万円コース 15,000円以上
100万円コース 25,000円以上
200万円コース 40,000円以上
300万円コース 60,000円以上
400万円コース 70,000円以上
500万円コース 80,000円以上

豊富な提携先

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」では借入・返済とも基本的に提携ATMを利用することになります。コンビニATM・銀行ATMとも提携先が多いので急な出費でも安心です。ただし多くの提携先で以下の手数料が必要となります。

提携ATM手数料(1回の取引に対して必要となる手数料)

  • 1万円以下→108円
  • 1万円超5万円未満→216円
  • 5万円以上→無料

提携先によっては手数料金額が異なる場合もあります。わずかな金額でも繰り返し支払うことで負担も大きくなりますので注意しましょう。

主な提携コンビニATM

  • ローソンATM(ローソンに設置)
  • セブン銀行ATM(セブンイレブンに設置)
  • E-net(ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、コミュニティ・ストア、生活彩家に設置)
  • ZERO BANK(サークルKサンクスに設置)
  • Bank Time(サークルKサンクスに設置)

大手銀行提携先

  • 三井住友銀行(ATM手数料無料)
  • ゆうちょ銀行(ATM手数料無料)
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 三井住友信託銀行
  • しんきんバンク
  • イオン銀行

また全国の多くの地方銀行とも提携していますので、出張先などからも利用できます。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査基準は?

金融機関の審査基準は一般的に公表されていません。審査に合格できるかどうかは実際に審査を受けてみなければわかりません。ただ様々な情報からどの程度の審査基準かを想像することはできます。

金融サービスの審査は一般的に「銀行系は審査基準が厳しい、消費者金融系は審査基準が緩やか」といわれています。オリックス・クレジットは後者の「消費者金融系」になりますので、審査基準は銀行系のビジネスローンに比較して緩やかであると予想されます。

現在の金融業界では銀行はビジネスローンにあまり積極的ではありません。むしろ撤退傾向にあるといえるでしょう。

一方、銀行に対抗する必要がある消費者金融系金融業者は、ビジネスローンの審査基準を緩やかにしています。その結果オリックスVIPローンカードBUSINESSも審査基準が緩やかであることが想像されます。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの借入限度額は「最高500万円」です。ビジネスローンの中ではやや低い水準になっています。審査基準は借入金額が高額になるほど厳しくなりますので、この点からも比較的審査に通りやすい商品であるといえるでしょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESSでは法人決算書が必要書類となっていません。この点を「審査基準が緩やか」であるとする理由に挙げる方もおられます。しかしビジネスローンの審査で決算内容をまったく考慮しないことは考えられません。

法人の決算内容はあらゆる情報から確認できます。オリックス・クレジットでもオリックスグループが保有している情報や、帝国データバンクなどの外部の情報から決算内容を確認しているはずです。そのため赤字決算など利益から返済が困難であると判断されると審査に合格するのは難しいでしょう。

また、オリックスVIPローンカードBUSINESSは「スコアリング審査」で素早い審査を可能にしています。一方、スコアリング審査では決算数値から自動判定されるために、数字以外の項目、例えば成長性や代表者の資質などは審査結果に反映されないことになります。そのため非常にシビアな審査判断となることもあります。

個人事業主は審査に通りやすい?

個人事業主の場合は、経営状況申告書を提出する必要があります。この書類は今後どのように事業を展開していくのか、そしてこの事業に将来性があるかどうかを判断する書類です。

この書類を提出することで将来的に見込める収益などが審査に影響を与えることになります。確定申告の数値以外にも判断材料となるのです。

また申込基準として「業歴1年以上の個人事業主」という条件を掲げています。業歴が浅くても申込が可能になっています。金融業者の融資は業歴が浅いと難色を示す先も多くなっています。業歴実績が乏しいとそれだけ廃業などのリスクも高いと判断されるのです。

これらの点からオリックスVIPローンカードBUSINESSは比較的個人事業主に優しい商品であるといえるのではないでしょうか。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判

全体評価 4.0点
卸売業経営・借入希望金額200万円 30
業歴が浅いのが不安でしたが
ビジネスローンとして評判のオリックスVIPローンカードBUSINESSに申込しました。業歴2年程度でしたので審査に合格できるかどうか不安でしたが、申込後2時間程度で満額回答。その日のうちに振込で借入できました。非常に簡単に借入でき満足です。
全体評価 3.0点
小売業自営業者・借入希望金額100万円 40
急な出費でも安心
取引先の倒産で急にまとまった資金が必要になりました。即日融資が可能なオリックスVIPローンカードBUSINESSに頼ったところ、その日の内に借入できました。本当に助かりました。
全体評価 2.0点
飲食業経営事業主・借入希望金額300万円 40
残念ながら不合格
店舗の改装資金として申込しましたが、翌日不合格のメールで借入できませんでした。最近売上が減少していたことが原因でしょうか。残念です。

オリックスVIPローンカードBUSINESSのメリット

①最短即日融資可能

一般的なビジネスローンは申込から借入まで数日間、長ければ2週間から1ヶ月程度有する先もあります。一方、オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査時間は最短1時間程度、最短で即日融資も可能となっています。

ビジネスの場面では急な資金需要が発生することもあります。そのような場面では本当に助かる商品です。

②インターネットで完結

申込から契約、借入まではすべてインターネットで完結でき、来店不要で手続きできます。多忙な方でも安心です。

③100万円以上で最上限金利14.9%

100万円コース以上の契約枠で最上限金利は「14.9%」の設定です。消費者金融のビジネスローンに比較して低めの水準となっています。

④プライベートでの利用可能

ビジネスローンでありながら事業資金以外のプライベートでも利用可能です。1枚保有しておけば通常のカードローンと同じように利用できます。

⑤会員限定サービス

オリックスグループのホテルやレンタカーサービスを優待価格で利用できます。ビジネスホテル・リゾートホテル・レンタカー・その他のオリックスグループの入場料などの割引を受けることができます。例えば次のようなサービスです。

  • オリックスレンタカーのレンタル料金が通常価格より10%OFF
  • AOKIのスーツ代金が通常価格より10%OFF
  • オリックスグループ経営のゴルフ場が優待価格で利用可能

オリックスVIPローンカードBUSINESSのデメリット

①利用限度額が低め

借入条件500万円はビジネスローンとしては、やや物足りなさを感じます。

②提携ATM手数料がかかる

借入・返済ともに提携先ATM手数料が必要となる先が多くなっています。わずかな金額でも繰り返し発生すると負担も大きくなります。

繰上返済はATMからしか行うことができません。この場合もATM手数料の負担を頭に入れておく必要があります。

スピーディーな審査はメリット?デメリット?

オリックスVIPローンカードBUSINESSは最短即日融資可能としています。審査スピードが早い一番の理由は「スコアリングシステム」を導入しているためです。

事業者の決算数値とオリックス・クレジット株式会社が保有している膨大なデータからデフォルト率を導き出し、一定範囲内であれば融資可能と判断しています。

決算書の提出は基本的に不要ですが、オリックスグループが保有する企業情報や帝国データバンクの情報など、企業の情報は公表されていますので、スコアリング審査ではこれらの情報が活用されていることが想像できます。

一方スコアリング審査では、決算以外の情報はほとんど考慮されません。例えば成長性や代表者の資質といった情報は重視されず、いわば数字上の判断となります。そのため非常にシビアな審査結果となるケースも多くあります。

スピーディーな審査は大きなメリットであるとともに、審査判断では厳しく判断されるデメリットであるといえるでしょう。

まとめ

借入限度額は低めですが、とにかくスピーディーな借入が可能な商品です。「とにかく早く借りたい」といった事業者には最適な商品です。

ATM手数料の負担に対して、オリックスグループ会員優遇サービスなどは魅力です。ビジネスローンでありながらプライベートでの借入もできますので、これらをよく比較して利用を検討するようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • オリコCREST for Bizの審査と評判

  • りそなビジネスローン「活動力」は審査に通りやすいのか?

  • エムアールエフは赤字でも必ず借りれるビジネスローンなのか?

  • プロミス自営者カードローンの審査を分析

  • 三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査基準はかなり厳しい?

  • 出光クレジットの不動産担保ローンを徹底分析