キャッシングとクレジットの違いをわかりやすく解説

キャッシングとクレジットの違いとは?

「キャッシング」と「クレジット」の違いを正確に説明できる方は、意外と少ないのではないでしょうか。金融にある程度精通している方でも、きちんと説明できる方はそれほど多くはないかもしれません。

 

似ているようで実はかなりの違いがあるこの2つの言葉。街中にあふれている両者の違いについて考えてみましょう。

 

キャッシングとは?

そもそもキャッシングとは「少額を短期間で借り入れする」という意味です。それが転じて現在では、金融機関から無担保でお金を借り入れする商品に用いられています。

 

皆さんにとっては「カードローン」という名称が馴染みが深いかもしれません。

 

元々は「キャッシング」と「カードローン」も異なる性質を持つ商品です。「キャッシング」は借りたお金を一括で返済を行います。一方「カードローン」は毎月決められた返済日(約定日)に分割で返済を行います。

 

ただし最近ではこの両者の違いは非常に曖昧になっていますので、ほぼ同じ意味と思って問題ないでしょう。

 

クレジットとは?

そもそも「クレジット」とは「信用」という意味を持ちます。皆さんに馴染みの深いのは「クレジットカード」でしょう。

 

クレジットカードでは、商品購入時などにクレジットカードを提示することで、その代金を利用者の代わりにクレジットカード発行会社(信販会社)などが代わって支払いを行います。その後、カード発行会社から利用者に対して料金の請求が行われます。

 

支払方法は「一括払い」「ボーナス払い」「分割払い」などを指定できるのが一般的です。いわゆる「割賦代金」の支払いにあたり、このクレジットカードの機能を「ショッピング枠」と呼ばれています。

 

クレジットカードでキャッシング?

最近のクレジットカードには「ショッピング枠」とは別枠で「キャッシング枠」が設けられています。この「キャッシング枠」を利用すれば、クレジットカードを使用して直接現金を借り入れ=キャッシングすることができます。

 

金融機関のキャッシング(カードローン)と同様に、クレジットカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借り入れが成立します。返済も「一括返済」「分割返済(リボ払い)」を選択できるのが一般的です。

 

クレジットカードを利用した借り入れ、キャッシングやカードローンによる借り入れ、どちらも気軽にまとまったお金を借りることができます。

 

ただし利用の際には、計画的な利用を心がけましょう。