1. 借入DX
  2. ファクタリング
  3. ファクタリング東京の口コミ評判

ファクタリング東京の口コミ評判

 2019/08/01 ファクタリング   70 Views

新しい資金調達の手段として注目を集めているファクタリング。新規参入会社も増えている分、競争が激化している分野でもあります。ファクタリング会社は顧客獲得競争に打ち勝つべく、様々なサービスを展開しています。

「ファクタリング東京」も独自のサービスで人気を集めているファクタリング会社です。「最短即日の資金化が可能」「個人事業主でも利用可能」といった特徴で注目されています。

ファクタリング東京とは?

「ファクタリング東京」は、東京都中央区に本社を構える「株式会社ライズジャパン」が提供しているファクタリングサービスです。「株式会社ライズジャパン」はファクタリング事業の他、財務体質コンサルティングを手掛け、事業主の資金調達や企業再生・改善に対するサービスを提供しています。

「ファクタリング東京」」は「東京」という名称がついていますが、全国対応可能です。来店・面談不要で完結できるサービスで、東京以外の事業者でも安心して利用できます。

ファクタリング東京の審査について

一般的にファクタリングの審査では、申込事業主の財務状況などよりも、売掛先の信用情報が大きなウエイトを占めていますこれが。銀行などの金融機関融資の審査と大きく異なる点です。

もちろん申込事業主に対する判断が全く影響を与えないことはありません。ただし融資審査と違って返済能力に多少不安(例えば赤字企業など)でも、ファクタリングの審査では売掛先がしっかりしていれば、十分審査に合格することができます。

ファクタリング東京の審査でも、この点が大きなポイントとなります。売掛先に対する審査ポイントは、主に次の2点です。

①信頼ある企業かどうか

個人事業主やベンチャー企業などよりかは、やはり信頼のある大企業先が審査では有利となります。

②継続的な取引があるかどうか

一般的に6ヶ月以上の取引実績が要求されます。取引実績が長ければそれだけ審査に有利となります。契約書や注文書、入金状況などの確認資料が根拠となります。

ファクタリング東京では2社間取引に対応

一般的な事業取引では、売掛金の入金サイトは30日から60日が多くなっています。月末締めであったり、翌々月末支払いになるでしょう。どうしても急な資金調達が必要になったとき、不安要素の一つとして「取引先へ知られること」があります。

通常、ファクタリングでは3社間取引となっていますが、2社間取引もあります。2社間取引では取引先企業への連絡のやり取りがないために信用を損なう恐れがありません。なおかつ売掛金の早期支払いができるためスムーズな流れが出来上がります。

ただし2社間取引では手数料が3社間取引よりも高く設定されます。2社間取引が望ましいのか、それとも3社間取引がよいのか。事前に確認しなくてはなりません。

ファクタリング東京利用の流れ

①相談、申込

電話、メール、FAXで相談を受付しています。メールでは24時間対応しtげいます。電話でも対応をしていますが対応時間は平日の9時30分~19時までとなっています。

内容に了承すれば申込を行います。

②審査期間

ファクタリング東京独自の素早い審査が行われます。この際にファクタリング東京が売掛先企業の調査を行います。売掛企業の信用調査によって発生する手数料、留保金に大きく影響をします。

③契約

内容次第では来店・面談が必要となることもあります。

③調達実行

契約が完了すると、指定の口座に調達資金が振り込まれます。

ファクタリング東京のメリット

①2社間ファクタリング取引が可能

申込事業主とファクタリング東京との2社間ファクタリングの取扱が可能です。売掛先に知られることなくファクタリングを利用できます。

②最短即日の資金化が可能

素早い審査が特徴で、状況次第で申込を行ったその日に資金調達が可能です。

③最高1億円までの買取額

高額売掛にも対応しています。

④個人事業主でも利用可能

明記されていませんが、ファクタリング東京に問い合わせてみたところ「個人事業主での利用可能」とのことでした。通常、ファクタリングは「法人取引」が一般的です。個人事業主も対象とするファクタリング東京は本当に少ないのが実情です。

ファクタリング東京のデメリット

①手数料が不明瞭

ファクタリング東京では手数料の掛目などが公表されていません。下限も上限も非公開となっています。実際に申込を行ってみないと、いくらで買取が可能なのかわからないということです。

審査次第では、高額の費用負担が生じる可能性も否定できません。

ファクタリング東京の口コミ情報

全体評価 4.0点
小売業・希望金額300万円 30
開業初年度でも資金調達できました
新規開業初年度で、銀行の融資では断られました。ファクタリング東京に相談したところ、開業1年未満でも利用できるとのこと。無事希望金額を調達できました。
全体評価 3.0点
建設業・希望金額1,000万円 50
スタッフの対応が親切
急な取引先の倒産で資金繰りが悪化。銀行での融資も断られどうしようか悩んでいたところ、ファクタリング東京を知人が紹介してくれました。申込数日後希望金額を受け取ることができました。スタッフの対応もとても丁寧で好感が持てました。

まとめ

ファクタリング東京の特徴としては「来店不要で最短即日の資金化が可能」「個人事業主でも利用可能」「2社間ファクタリングに対応」など、利用者にとって便利なサービスを提供していることが挙げられます。

一方、手数料の掛目などが明記されていませんので、費用負担をある程度確保しておく必要もあります。また審査次第では来店・面談での契約も要求されます。

不明な点は事前に担当者に相談しておきましょう。担当者の対応には評判がありますので、安心して相談を行いましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

借入DXの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借入DXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若松 貴英

若松 貴英

保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小企業主資産相談業務)・AFP(日本FP協会認定)/金融業務検定(法務上級)/銀行業務検定(法務2級・財務3級・税務3級)など。銀行勤務時は融資のスペシャリスト」(悪く言えば「融資しか知らない」)として勤務していました。そのため「借入」に対しる知識や経験には自信があります。

関連記事

  • ファクタリングの審査で重要なポイントとは

  • ファクタリングにおける償還請求権とは?わかりやすく解説

  • ファクタリングとは?初めての方にもわかりやすく図解で解説

  • 資金調達プロのファクタリング評判は?

  • ファクタリングの手数料の仕組みと負担

  • ファクタリング契約の流れと必要書類