外国人でもお金を借りることは可能か?

外国人でもお金を借りることは可能か?

最近は日本で生活する外国人の方も増えています。以前は一時期の出張、駐在などで企業から派遣されている方が多かったようですが、近年は仕事以外に観光の延長のような感じで長期滞在される外国人も多いと聞いています。

 

このような外国人は、はたして日本の金融機関でお金を借りることができるのでしょうか。
日常の生活でもまとまったお金が必要になった場合、問題なく借入ができるものなのでしょうか。

 

外国籍の方でも条件次第で借入可能!!

様々なニーズに対応して競争を勝ち抜こうとする日本の金融業者は、外国籍の方でも利用可能とした商品も多く登場しています。大手消費者金融、銀行などの金融機関は、主に以下の条件を満たす方に利用を認めている先が多くなっています。

 

在留カード・特別永住証明書などの提示

外国籍の方が金融機関に借入を申し込む場合には、運転免許証やパスポートといった本人確認書類にあわせて、在留カードや特別永住証明書などの提示を求めています。これらの書類は、正式に日本在留を認められている確認書類になります。

 

逆にこれらの書類が提示できない、一時的に日本を訪問している旅行者や不法滞在者は利用が認められていません。

 

審査では勤務先と勤続年数がポイント

これは外国人に限った条件ではありませんが、外国籍の方は特に「勤務先」「勤続年数」が審査の大きなポイントとなります。安定した収入があるのは当然ですが、「すぐに帰国されることのない」ことを勤務先と勤続年数から判断するわけです。

 

特に勤続年数が短い場合は、いつ帰国するかわからないというリスクが審査に影響を与えることになります。

 

 

外国籍の方の利用には慎重な金融機関も多い

商品案内などには「外国籍の方の方でも利用可能」と表示している金融機関が多い反面、実際の利用では慎重な対応を行う金融機関も多いようです。

 

中には「日本語を話すことができる」ことがポイントとする先もあるようです。金銭契約の内容をきちんと理解できるかどうか、という意味合いも含んでいるのでしょう。

 

外国人の方は、帰国してしまえば貸出金を回収するのが非常に困難になってしまいます。

 

わざわざ帰国先まで訪問して利用者を探し出すとなると、大変なコストが発生してしまいます。この当たりが外国籍の方の利用に慎重な対応を行う理由なのかもしれません。