学生でもお金を借りたい!学生向けのキャッシング・カードローン

学生でもお金を借りたい!!

高校を卒業し大学や専門学校に進学すると、これまで以上にお金が必要になってきます。サークル活動などで交友関係も広がり、趣味のため、交友費など多くのお金が必要でしょう。

 

いざという際、学生でも金融機関でお金を借りることができるのでしょうか?

 

奨学金の利用

学生の借入として、多くの方がまず思いつくのが「奨学金」ではないでしょうか。奨学金とは、金銭的・経済的に厳しい世帯の支援を目的とした国の制度融資です。

 

国が主体となる他、大学などと連携して能力のある学生の確保を目的とした制度も準備されています。民間金融機関に比較してはるかに低金利で利用でき、返済方法についてもある程度考慮してもらうことができます。

 

ただし奨学金の目的はあくまで「学費」の支援であり、個人的な目的では利用できません。

 

「趣味の費用」「旅行代」といった個人的な目的では奨学金の利用はできないのがネックです。またそもそも金銭的・経済的に困窮する世帯を対象とする制度ですので、そのための条件もクリアーしなければいけません。

 

学生向けのキャッシング・カードローン

最近では民間金融機関、特に消費者金融などでは学生でも利用可能とする商品も登場しています。通常のキャッシングやカードローンを学生でも利用可能とする先が増えているのです。

 

大手消費者金融だけでなく、銀行などの金融機関も取扱を行うようになってきました。その条件は主に次の2点です。

 

  • 年齢が20歳以上の成年であること
  • アルバイトなどで一定の安定した収入が見込めること

 

学生とはいっても20歳未満の未成年や高校生は利用することができなくなっています。また「親からの仕送り」といった収入は「安定した収入」とは見なされません。あくまで「自己の収入から返済する」ことが前提となります。

 

消費者金融の商品は総量規制の対象です。

アルバイト収入などの年収の3分の1以上の借り入れはできなくなっています。

 

銀行の商品は総量規制の対象外ですが、最近では年収の3分の1の制限を独自規制として設けている先も多くなっています。この点からも学生の高額融資は難しいといえるでしょう。

 

学生専用キャッシング・カードローン

一部の消費者金融では「学生専用」の商品も提供されています。

 

一般の商品とは別に「学生専用」として商品化しています。中には「20歳未満の学生」や「高校生」なども借入可能としている先もあります。

 

ただし「アルバイトなどの安定した収入」は絶対条件となっています。

 

アルバイト収入はそれほど多くはないでしょうから、借りることのできる金額もそれほど多くは望めません。この場合でも総量規制の対象ですので、年収の3分の1以上の借り入れはできなくなっています。

 

それでも一時的な出費には十分な額の借入も、十分可能な商品提供が行われています。

 

ただし中には学生を狙った悪質な金融業者も存在していますので注意が必要です。

 

学生時代は将来を左右する大切な時期です。卒業後、金融機関からの借り入れの返済に追われるとなってしますと、今後の人生設計にも大きな悪影響を与えます。

 

「学生の本分は勉学にあり!!」とはいいませんが、お金を借りるとしても有効的な借入を心がけるようにしましょう。