銀行ローンのメリット・デメリット

借り入れするなら銀行ローン??

まとまったお金を借りたいと思った場合、一番最初に借入先として候補に挙げられるのが銀行ではないでしょうか。わたしたちの一番身近な金融機関といえるのが銀行です。

 

銀行では、ご存じの通り、預金業務の他に貸金業務も取り扱っています。メガバンク・地方銀行とも、魅力的なローンがラインアップされています。

 

ここでは主に消費者金融と比較した場合の、銀行ローンのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

銀行ローンのメリット

金利が低い

銀行ローンのメリットとして一番挙げられるのが「低金利」であるという点です。

 

銀行ローンは全体的に一般の貸金業者(消費者金融など)に比較して、金利が低めに設定されています。例えば、資金使途が自由な「カードローン」では、消費者金融などよりも全体的に数%低い金利商品が多くなっています。

 

銀行は顧客から「預金」を預かり、その資金を「貸金」として運用できます。ようするに「貸出金の出所」が、消費者金融などの貸金を専属する金融業者とは異なります。その圧倒的な資金量を背景にして、低金利を実現することが可能になっています。

 

最近では「ネット銀行」のローンが低金利として注目を集めています。

 

「ネット銀行」には基本的に有人店舗がありません。人件費や店舗管理費を削減できる分、低金利での還元が可能になっています。申込から契約、借入まですべてインターネットで完結でき、自宅に居ながら手続きができる点も大きな魅力となっています。

 

豊富な商品ラインナップ

銀行には様々なローンが準備されており、それぞれの目的に応じた商品を選択できるようになっています。主なローン種類には以下のようなものがあります。

 

  • 住宅ローン→住宅購入・改装・既存ローンの借り換えなど
  • カーローン→自家用車購入・維持費用など
  • 教育ローン→高校・専門学校・大学、私立小学校や私立中学校などの子供の進学費用など
  • フリーローン→様々な目的をあらかじめ指定するローン
  • カードローン→資金使途(お金の使い道)が自由なローン

 

このうち「フリーローン」と「カードローン」は同じを思われる方も多いかもしれません。しかし「フリーローン」はあらかじめ申込の際に「何に利用するのか」を申告するローンです。

 

例えば「旅行費用」「結婚式費用」といった目的を申込の際に申告し、その確認の書類なども準備しなければばいけません。借入後もその目的に必ず使用し、確実にその目的に使用したという証明書類(領収書など)も提出する必要があります。

 

一方「カードローン」ではこのような手続きが必要ありませんので自由度が高くなっていますが、その分適用金利が高くなっています。

 

銀行ローンのデメリット

審査基準が厳しい

一方銀行ローンを利用するうえで、一番のデメリットは審査基準の厳しさでしょう。銀行ローンは低金利である分、審査基準が厳しいといわれています。

 

とくに既に複数の借入を利用されている方は、借入金額に限らず厳しい判断が行われる傾向にあります。

 

銀行ローンは「総量規制の対象外」ですが、最近では年収の3分の1を超える申込は住宅ローンなどを除くと、やはり厳しく判断されるようになっています。

 

銀行の審査基準が厳しい理由は、低金利の他にもう一点考えられます。

 

先ほども説明した通り、銀行は顧客から預金を預かり、その資金を貸金として運用しています。これが低金利を実現している理由なのですが、その分審査基準を厳しくする必要があるのです。

 

顧客の大切なお金を運用しているわけですから、簡単に貸し倒れ(返済不能)を発生させるわけにはいきません。

 

バブル経済が崩壊して以後、ほとんどの銀行では多額の不良債権に悩まされてきました。その理由の最大のものが「審査基準の甘さ」にあったといわれています。

 

顧客の収入からの返済能力(キャッシュフロー)よりも、不動産などの担保能力を重視した審査を行っていたのです。バブル経済が崩壊して、不動産価格が一気に下落した結果、多額の返済不能債権が発生してしまいました。

 

現在不良債権問題は一段落していますが、銀行としても同じ過ちを繰り返すわけにはいかないのです。

 

融資までの時間が必要

審査基準が厳しいということは、審査までの時間が必要になるということにもつながっています。

 

とくに必要書類が多い住宅ローンなどでは、相当日数を必要となるケースも多くあります。

 

最近では「即日融資対応」の銀行カードローンも登場していますが、消費者金融などと比較すると全体的にはやはりまだまだ時間を必要としています。

 

普段から利用する機会の多い銀行では、安心してローンを利用できる反面、やや融資までの時間がかかることも多くなっています。そのため緊急にお金が必要という場面では、資金需要に間に合わないということも考えておく必要があります。