借り入れの返済方法

借り入れの返済方法とは?

現在の金融機関には、いくつかの返済方法が準備されています。とくにカードローンなどの商品では、いくつかの返済方法が選択できるようになっています。自分が利用しようとする金融機関や商品の返済方法を知っておくこともある意味大切なことです。

 

返済に余計な手間がかかっては、元も子もありません。あらかじめどのような返済方法が準備されているのか確認し、自分の行動スタイルなどに合った返済方法を契約前に選択するようにしましょう。

 

返済方法の違い

ここではカードローンを中心とした返済方法の違いを考えてみましょう。

 

ATMでの入金

金融機関のATMや提携ATMを利用して返済する方法です。

一般のATMは年中無休で稼働しています。稼働時間帯も、夜11時〜12時まで利用できる先も多くあります。返済は専用カードと現金を入れるだけですので簡単です。

 

提携先のATMも返済に利用することができます。コンビニなどでは夜遅くでも利用できますので、仕事帰りに返済を済ませるということも可能です。

 

ただし、利用時間帯などによっては手数料が発生する場合がありますので注意しましょう。

 

振込入金

あらかじめ指定された金融機関名義の口座に振込ます。

取扱金融機関(振込窓口)に対する振込手数料が発生するケースがほとんどです。また当日までの返済であれば、遅くても14時頃までに受付を済ませる必要があります。

 

時間を過ぎてしまうと、振込が翌日扱いになってしまいますので注意しましょう。

 

来店して返済

金融機関の窓口に直接返済に行く方法です。

返済を済ませると、その場で領収書をもらえますので借入残高や返済元金額を確認することができます。また、担当者と直接話をすることもできます。

 

利用する上での問題点、疑問点、返済の相談など、気軽に行うことができますので活用しましょう。

 

口座引き落とし

銀行などの金融機関口座からの引き落としで返済する方法です。

あらかじめ決められた返済日になると、自動的に口座から引き落としが行われます。

 

万が一残高不足にならないように、管理はきちんと行っておきましょう。

 

最近では金融機関のインターネットバンキングを合わせて活用されている方も多くいらっしゃいます。自宅に居ながら口座管理ができ、引き落としの確認もできますのでぜひ活用してみてください。

 

現金書留

郵便局から返済金を現金書留で送る方法です。

 

別途手数料がかかりますので注意しましょう。

 

通常の金融機関では、D以外の返済方法はたいてい準備されています。契約の際に選択することになりますので申込む前に決めておくようにしましょう。