カードローンの返済方式

返済方式の違いとは?

金融機関の借り入れを利用する上で、一番大切なことは何でしょうか。それは「きちんと返済を続ける」ことです。返済が遅れてしまうと、様々なペナルティが課せられます。

 

そのことによって以後の生活に悪影響を与えることもあります。きちんと返済を続けていくためには、計画的な利用と合わせて正確な返済金額を把握しておくことが重要です。

 

「毎月いくら返済をしなければいけないのか」

 

これを利用の前にしっかりと把握しなければいけません。そこでポイントになるのが「返済方式」です。

 

金融機関の融資にはいくつもの「返済方式」があります。

 

返済方式によって、同じ金額を同じ期間、同じ金利で借り入れしても毎月の返済金額が異なってくるのです。自分が利用している(利用しようとしている)商品の返済方式を確認しておくことが大切なのです。

 

返済方式の違い

返済方式には、以下のものがあります。

 

元利均等返済方式

返済金額が毎月一定の返済方式です。

毎回の返済金額が均等になるように、元金部分と利息部分が組み合わされています。返済が進んでも、毎月の返済金額は変わらず、その内訳が変わる仕組みになっています。

 

毎月の返済金額が一定ですので、長期にわたる返済計画が立てやすくなります。住宅ローンなどの大型の融資に用いられる返済方式です。

 

元金均等返済方式

借入時に設定された毎月の返済額に、支払利息を加えて返済する方式です。

返済が進むにつれて元金も少なくなりますので、その分支払利息も少なくなっていきます。

 

借入当初の返済金額は大きくなりますが、その分毎月返済金額が少しずつく少なくなり、総返済金額は元利均等返済に比較すると少なくなります。

 

リボルビング返済方式

毎月の返済額を固定(または割合を固定)するという返済方式です。

例えば契約時に、「毎月10000円を返済する」と決められた場合、借入残高が無くなるまで10000万円を返済し続けるという返済方式です。

 

リボルビング返済は、さらに以下に分類されます。

 

  • 元利定額リボルビング返済方式

元利均等返済のリボルビング返済です。
あらかじめ決定された毎月の返済金額の中に、元金と利息が組み込まれています。

  • 元金定額リボルビング返済方式

元金均等返済のリボルビング返済です。
毎月の返済元金が一定で、加えて利息部分を返済していきます。

  • 元金定率リボルビング返済方式

借入額に対する返済元金を、毎月定率で計算し、加えて利息部分を返済していきます。
毎月返済元金が異なってきます。

  • 残高スライドリボルビング返済方式

返済額が利用残高に応じてスライドする返済方式です。
例えば、

借入残高100万円未満→毎月返済額10000円、
借入残高100万円以上200万円未満→毎月返済額20000円、

といった具合に借入残高に応じて段階的に返済金額を変える方式です。

 

返済金額自体は、元利均等、元金均等、元金定率の3種類によって決められます。

 

消費者金融や銀行のカードローンでは、多くの先でこの「残高スライドリボルビング方式」が導入されています。

 

リボルビング方式は毎月の返済額を最低限に抑えることができる反面、返済期間が長期化する可能性もありますので注意しましょう。

 

返済方式については少し難しいと感じるかもしれませんが、金融機関の借り入れを利用する上でせひとも知っておいてほしい知識です。ホームページ上では、商品概要に必ず返済方式が明記されています。

 

その確認を怠らないようにするとともに、返済シュミレーションでどれだけの返済金額になるか確認することも大切です。返済方式の違いで、どれだけ返済金額が異なってくるのかを見てみることも面白いかもしれません。