借入金とは?短期借入金と長期借入金、ローンとの違い

借入金とは?

会計用語などによると、「借入金」とは「企業が設備資金や資金繰りなどのために金融機関や取引先から借り入れた資金で、返済義務を負った資金の調達方法」とされています。

 

企業は事業を継続する上で様々な資金が必要となります。運転資金、設備資金、仕入資金など様々な資金需要に対し、金融機関や取引先からのいわゆる「借金」を利用して補う資金調達手段を「借入金」としています。

 

借入金により資金調達を行った企業は、決算書などに「借入金」を計上する必要があります。企業の中には「借入金0」つまり無借金経営の企業もありますが、多くの企業は大なり小なり「借入金」を計上して資金調達を行っています。

 

借金を利用すると、あまり良い印象が無いかもしれません。

しかし事業を継続し拡大していくためには、借入金を効果的に活用していくことが大切です。事実、大企業であっても、借入金を利用して資金調達を行っています。

 

短期借入金と長期借入金

借入金は返済期限により「短期借入金」「長期借入金」に分類されます。

 

  • 短期借入金→決算期の翌日から1年以内に支払期限が到来する借入金
  • 長期借入金→決算日の翌日から1年を超えて支払い期限が到来する借入金

 

このように「決算期の翌日から1年」という会計基準を「1年ルール(ワン・イヤー・ルール)」といいます。

 

ただし個人事業主などの場合には、短期借入金と長期借入金とに分けず、一括して借入金で処理してもよいことになっています。

 

このほうが経理処理も簡単ですので、個人事業主だけでなく小企業などでも短期借入金と長期借入金を分けていない企業もあります。

 

借入とローンの違い

「借入」いわゆる「借金」を利用するのは、何も企業だけではありません。一般個人も様々な場面で「借金」を利用しています。この場合でも金融機関などにより借り入れた資金のことを「借入金」と呼ぶことには違いありません。

 

銀行などの金融機関に行くと、「借入」の他に「ローン」という言葉をよく耳にします。

 

この「借入」と「ローン」の違いはどこにあるのでしょうか。

 

「借入」とは「お金を借りる」ということで、カードローンなどのように借りたお金の使い道が制限されていないタイプもあれば、住宅ローンなどのように特定の目的でまとまったお金を借りるという場合でも使用されます。

 

つまり、金融機関からお金を借りる場合には、すべてが「借入」となります。

 

これに対し「ローン」は住宅ローンやカーローンのように、特定の目的でまとまったお金を金融機関から借りるという意味合いで使用されます。

 

最近は借りたお金の使い道が限られていない大口のカードローンなども登場しており、一般的に金融機関で「ローン」というとまとまったお金を借りる商品を指しています。

 

ローンには「無担保ローン」と「有担保ローン」があり、住宅や車などのように高額のお金を借りる場合、その購入物を担保とすることで低金利でお金を借りることも可能になっています。

 

以上から「借入」は広義、「ローン」は狭義の意味合いで用いられる言葉です。しかし最近ではほとんど同じような意味合いで使われるようになっているのが実情です。利用する側としては、あまり名称の違いにとらわれることなく、商品内容の違いをよく理解して利用することが大切です。

 

借入の反対は?

 

借入、借金で借りたお金は返済しなければいけません。つまり借入の反対は「返済」となります。「借りたお金は返済しなくてもいいよ」という金融機関は存在しません。期日や方法は別にして、いずれは返済しなくてはいけません。

 

したがって、借入の前には必ず返済のことを頭に入れておく必要があります。

 

  • どのように返済していくのか。
  • 返済原資な何なのか。
  • いつまでに返済しなければいけないのか
  • 利息を含めてどれだけ返済しなくてはいけないのか

 

万が一返済ができなくなると、大変なことになります。様々なペナルティが課せられ、資産を失い、今後の人生や企業活動に大きな悪影響を与えることになります。

 

お金が足りない場面では、どうしても早急にお金が必要な場合あるでしょう。その際、返済のことを考えずに「とりあえず早く借りたい」と考えるの仕方の無いことです。しかし返済を後回しにしてしまうと、必ず返済に行き詰まることになります。

 

借入の前には、必ず返済について考えるようにしましょう。