借り入れ審査における勤続年数の重要性

借り入れ審査における勤続年数の重要性

カードローンなどの金融機関借り入れでの審査において重要視される項目のひとつが「勤続年数」です。勤続年数が長ければ長いほど、審査に合格できる可能性が高くなります。

 

金融機関はなぜそれほど勤続年数を重要視するのでしょう。

 

勤続年数が長ければ、それだけ安定した収入が確保できます。その結果貸したお金を確実に返済してもらることができると判断されることになります。

 

逆に勤続年数が短ければ、転職したり解雇されるリスクも高くなります。その結果、貸したお金が返済されないリスクも高くなります。

 

金融機関の審査では、貸したお金が確実に返済されることを考慮します。その点でも勤続年数が審査においては重要となるのです。

 

勤続年数の目安は?

カードローンなどの審査基準は各社異なっています。また当然ながら勤続年数だけが審査項目ではなく、申込者のあらゆる属性が審査項目となります。総合的に判断されるため、「どれだけの勤続年数が必要なのか」を一概に示すことはできません。

 

しかし、一般的に審査に合格できるかどうかの基準的なものは、次のように言われています。

 

勤続年数1年以上

通常の会社員(サラリーマン)では「勤続年数1年以上」がひとつの目安といわれています。自営業などでは、これよりも長めの年数(開業年数)が求められるようです。

 

勤続年数半年以上1年未満

一般的には審査判断の「最低ライン」といわれています。正直なところ、申込を行ってみなければわからない水準です。

 

勤続年数半年未満

ほとんどの金融機関ではまず審査に合格することはできません。正直、申込は避けたほうが賢明です。

 

勤続年数が短い場合はどうすればいいの?

 

カードローンを利用したいとしても勤続年数が短い場合は、どうすればいいのでしょうか。

やはり一番無難なのは「勤続年数が1年を超えてから申し込む」ということでしょう。

1年を超える勤続年数を申告できれば、勤続年数だけを理由として不合格となる可能性は低くなります。勤続年数の短さをカバーするのは、借入希望金額をなるべく少なくすることも考えられます。

 

金融機関側からすれば、借入金額が少ないほど返済金額も少なくなり、その分貸し倒れリスクも低いと判断することになります。

 

逆に勤続年数を偽って申込を行うのは、絶対にやめておきましょう。

素人がついた嘘は、すぐにばれてしまいますので、正直に申告するようにしましょう。