1. TOP
  2. 借入
  3. 無審査で借り入れできる?

無審査で借り入れできる?

 2018/02/01 借入   363 Views

「金融機関でお金を借りたいが、審査に合格するかどうか不安だ」
「以前にキャッシングの審査を受けたが不合格だった」

金融機関のカードローンやキャッシングを利用するには、必ず審査に合格しなければいけません。
しかし審査に不安を持たれる方も多いでしょう。
このような方は時として危険な罠に陥ってしまいます。
それが「無審査」の誘惑です。

無審査は危険な誘惑

通常、金融機関でお金を借りるには審査を受ける必要があります。
お金を貸す金融機関側としても、貸したお金がきちんと返済されなければ営業が成り立ちません。
そのため利用者の返済能力を判断するために審査を行う必要があります。

ところが街中の金融業者の中には「無審査」を宣伝している業者も存在しています。

「無審査でお貸しします」
「審査なしで即日融資可能」

このような宣伝を掲げる金融業者を街中でよく見かけます。

またインターネットでカードローンやキャッシングについて調べてみると、意外なほど簡単に「無審査」の金融業者を見つけることができます。
そのほとんどの先が名前も聞いたことのないような小規模の金融業者ですが、審査に不安を感じる方にとっては「無審査」という言葉自体が非常に魅力的に見えてしまいます。

本当にこのような金融業者を利用しても大丈夫なのでしょうか?

審査の意味を考える

カードローンやキャッシングの審査とは、利用者の返済能力を判断し、貸したお金が確実に返済されるために行うものです。
この「審査の意味」を考えると、「審査を行わない」つまり「無審査」で融資を行う金融業者には、必ず裏があることに気づかなくてはいけません。

審査を行わずに融資を行うということは「貸したお金が必ずしも返済される必要はない」という金融業者の考えが裏に潜んでいるのです。

  • 貸したお金=「元金」よりも、それに対する「利息」しかも法律の上限を超えた高額利息を目的としている
  • 返済できなくなると、すぐに利用者の資産を差し押さえる
  • 利用者本人だけでなく、家族からも回収しようとする
  • 合法的手段を度外視した、違法な手段を講じて回収する

このような金融業者は、そもそも法律を守るつもりはありません。
一度手を出してしまうと、最悪の場合、人生そのものを失う結果ともなります。

無審査融資の様々な手法

近年、無審査での融資を宣伝する悪徳金融業者の営業手法も多様化しています。
ここで挙げた2通りの手法は、一見簡単な手続きでまとまったお金を手に入れることができるように思えますが、結果として多額の負担を背負うことになりますので注意しましょう。

①クレジットカードの現金化

普段の生活で利用する機会の多いクレジットカード。
通常、クレジットカードには「ショッピング枠」「キャッシング枠」という2つの機能が設定されています。
このうち「ショッピング枠」を使用して現金を入手する手法が「
クレジットカードの現金化」です。

まずはクレジットカードのショッピング枠を利用して、金融業者が指定する商品を購入します。
その商品を金融業者が買い取る代わりに、一定金額を差し引いた額の現金を受け取るという手法です。

しかしこのような行為はクレジットカード会社の規定に違反しています。
クレジットカードを利用して購入した商品の転売は、クレジットカードの支払代金を完済するまでは禁止されているのです。

このようなリスクと共に、通常の借入と比較して利息負担も大きくなることもデメリットです。
例えば10万円の商品を購入して、7万円を金融業者から受け取ったとします。
クレジットカードの代金支払いが2ヶ月後であったとすると、2ヶ月で30,000円の利息を支払ったことと同じになります。
しかしこの利息は年利で換算すると180%という、とんでもない計算になるのです。
当然、このような高額利息での貸付は法律で禁止されています。

②ケータイキャリア決済を利用した現金化

ドコモ・au・ソフトバンクのケータイ・スマホを持っていれば、「キャリア決済」というネットショッピングを利用できます。
これを利用してクレジットカードの現金化と同等の手段で商品を購入させ、一定額の金額を差し引いた金額を受け取らせるという手法です。
キャリア決済の利用限度額はそのケータイ会社の利用年数などによって個別に決められますが、「ネットショッピングを利用後に、利用料金とともに後で代金を支払う」という形はクレジットカードのショッピングと同様です。

クレジットカードとは違い、決められたショップでの決められた商品しか購入できませんので、現金化が問題になりにくいと思われますが、悪徳金融業者は巧みに購入ショップ・商品を選別して指定してきます。
またこのような行為もケータイ会社の規定で禁止されており、年利で換算した利息負担もクレジットカードの現金化と同様に、とんでもない負担となります。

まとめ

どうしてもお金を借りたい、という時には「無審査で融資」という言葉は非常に魅力的に思えます。
しかし結果として、自らに大きな負担を与えることになりますので、甘い誘いには決してのらないようにしましょう。

世の中、それほど甘いものではありませんよ。

\ SNSでシェアしよう! /

借り入れランキング!最短で即日借入&無担保・保証人不要【借入DX】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借り入れランキング!最短で即日借入&無担保・保証人不要【借入DX】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 簡単に借入できる方法はある?

  • 任意整理中に借入できる方法

  • ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付なら審査なしで借入できる

  • 借り入れの返済方法

  • 借入できない主な4つの理由とは?

  • 借入前の審査とは?