1. TOP
  2. お金を借りる
  3. お金がない時どうする?お金がない時の乗り切り方と過ごし方

お金がない時どうする?お金がない時の乗り切り方と過ごし方

お金を借りる   336 Views

普段の生活の中で欠かせないもののひとつに「お金」があります。
何をするにも「お金」が必要です。
しかし誰もが「お金がない」「お金が足りない」という状況に一度ならずとも陥ってしまいます。

「お金がないけど、なんとかしなければいけない」

そのようなとき、あなたならどうしますか?
冷静に状況を理解し、適切な方法を講じなければ、思いもかけない失敗を招くこともあります。

お金がないときにどのように乗り切ればいいのか。
まずは次に挙げた8つの短期的な対処法を試してみましょう。

短期的な8つの対処法

①物を売る

お金がないときに、まず最初に取り組みべきことは「物を売る」ことです。
家にある様々なものをオークションやフリーマーケットアプリで売ることを考えてみましょう。

  • 貴金属
  • CD
  • DVD
  • ブランド品
  • 洋服

これらの他にも「パソコンの部品」「車の部品」なども販売することも可能です。
すでに使えないものなどでも、分解することで一部部品を販売商品とすることもできますので、家の隅々まで探してみましょう。

「物を売る」と聞くと質屋などを思いつくかもしれません。
しかし質屋やリサイクルショップは売れないときのリスクも含めて買取を行います。
その分安めに買い叩かれてしまうことが多いのです。
その点、オークションやフリーマーケットアプリでは自分で販売価格を決めることができます。
またパソコンやスマホを活用することで、いつでも、どこでも販売することができます。

オークションやフリーマーケットアプリでは、基本的になんでも売ることができます。
最低限の規制があるので、一部販売不可の商品もありますが、基本的には自由に販売を行うことができます。
マニア受けの商品や、レア価値の商品などは、自分でも考えられないほどの高値で落札されることもあります。
落札すれば、すぐにお金が手に入るので、困ったときには活用してみましょう。

②親に相談する

一番身近で頼りになる存在が「親」です。
子供が本当に困っているときには、ある程度無理をしてでも助けたいと思うのが「親」の存在です。
親にお金の相談をすることに罪悪感を感じるかもしれませんが、正直に事情を説明して相談してみましょう。

親とはいえ金銭の貸し借りを行うわけですから、きちんと約束事を決めておく必要があります。
「借用書」などを作成し、返済期日や利息などをしっかりと決めておきましょう。
借りる金額によっては「贈与」とみなされることもあります。
「贈与税」を発生させないためにも、きちんと「借用書」などを作成しておくようにしましょう。

③知人から借りる

親以外でも、兄弟などの親戚、友人、上司などに信頼できる方がおられる場合は、一度相談をしてみましょう。
本当にお金が必要なことを誠意をもって説明すれば、ピンチを救ってくれるかもしれません。
身近な人にお金の相談を行うことをためらう方も多いかもしれませんが、正直に説明することで、あなたの誠意を示しましょう。

この際も「借用書」などを作成し、利息、返済期限などをしっかりと取り決めておくことが大切です。
当然ですが、借りたお金はきちんと返済期日までに返済を行うだけでなく、できるだけ早めに返済するように努力しましょう。
お金のトラブルは深刻な人間関係の悪化を招くこともあります。
あなたを信じてくれた知人の誠意を裏切ることのないようにしましょう。

④短期アルバイト

身近に頼る人がおられない場合、自分でなんとかしなければいけません。
短期アルバイトを探してみるのもひとうの方法です。
求人広告の他、インターネットの求人サイトなどでも1日~1週間程度の短期アルバイトの情報を見つけることができます。

短期アルバイトには、主に以下のような仕事があります。

  • 倉庫内での軽作業
  • チラシ発送・サンプリング発送
  • 引越・事務所移転作業

普段定職についている方の場合は、休日を利用した短期アルバイトを探してみましょう。
1日数千円~数万円程度を得ることもできます。

⑤国の制度融資

なんらかの事情で生活資金が不足する場合は、国の制度融資を活用するものひとつの手段です。
お住まいの自治体などでは低所得者や、生活困難者に対する制度融資が設けられてるはずです。
まずは市役所などに問い合わせてみましょう。

国の制度融資には利用対象者の条件が、各自治体で定められています。
当然、その条件に当てはまらなければ利用することはできません。
また手続きから実際に融資を受けるまでには、相当の日数が必要となります。
ただ融資利息は民間金融機関に比べて、はるかに低く、条件次第では毎月利息支払いのみといった対応も可能です。
さらに就業斡旋などの生活再建の支援なども受けることができます。

⑥クレジットカード

普段の生活でも利用する機会の多いクレジットカード。
一方、作っただけで使用しないクレジットを保有している方も多いのではないでしょうか。
急な出費などでお金が足りない場合は、そんなクレジットカードが利用できることもあります。

最近のクレジットカードには、商品購入などに使用する「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」が設定されているケースが多くなっています。
そのキャッシング枠を使用してお金を借入することができます。

返済方法が「リボ払い」の場合は、毎月の返済負担を最低限に抑えることもできます。
ただしリボ払いの手数料(利息に相当)はやや高めになっていますので注意しましょう。

⑦生命保険の契約者貸付を利用する

万が一に備えて生命保険を契約されている方は、生命保険の契約者貸付を活用するのも有効です。
加入している生命保険に貸付制度が付与されている場合は、一度その内容を確認してみましょう。
一定金額のまとまったお金を、低金利で借入することもできます。

生命保険の契約者貸付とは「終身保険」「養老保険」「学資保険」などの商品で、保険金の解約返戻金を担保として貸付を行う制度です。
定期保険などの、いわゆる「完全掛け捨て」の保険は、対象とはなりません。
また保険契約期間によっては利用できないこともありますので、不明な点は保険会社に問い合わせてみましょう。

⑧会社から借りる

勤務先にお願いして給与を前借することも、時としては必要です。
労働基準法第25条では、下記のように定められています。

「労働者が、出産、疾病、災害等の非常の場合の費用にあてるために請求する場合は、賃金支払期日前であっても、使用者は、すでに行われた労働に対する賃金を支払わなければならない」

つまり従業員がピンチのときには、会社は必ず給与の前借りに応じなければいけないということです。

  • 従業員が病気や事故に遭った
  • 従業員が災害による被害を受けた
  • 従業員が出産した
  • 従業員が結婚した
  • 従業員が死亡した

このようなケースでは給与の前借りが認められるでしょう。
当然「前借り」ですので、すでに働いた分しか請求できません。
また支払い時期なども会社やその担当者によって異なりますので、よく相談するようにしましょう。

会社によっては「従業員貸付制度」を設けている先も多くあります。
福利厚生の一環としての制度ですので、民間金融機関に比較してはるかに低金利で借入できます。
利用対象者、借入可能額、返済方法といった条件は会社によって異なりますので、試しに勤務先に従業員貸付制度があるかどうかを確認してみましょう。

金融機関からの借入を考える

「親にお金の相談をするのは気が引ける」
「信頼できる知人がいない」
「国や会社からの借入は条件が厳しい」

このような方は、民間金融機関での借入を検討する必要があります。
お金を借りることができる民間金融機関には様々ありますが、その代表格は「銀行」と「消費者金融」の2つです。

銀行での借入

銀行の融資商品は、目的別に様々な種類が準備されています。
お金が必要な目的に応じたローンを利用することができます。
全体的には金利が低いのが魅力です。
しかしその分、審査基準が厳しくなっています。

普段利用する機会の多い銀行。
それだけ気軽に相談することもできるのも大きな利点といえるでしょう。

消費者金融での借入

消費者金融では銀行に比較して、それほど商品のラインナップはありません。
金利も銀行ローンに比較して高めとなっています。
ただ最近の消費者金融には「初回利用者限定で一定期間無利息」というサービスを取り扱っている先も多くあります。

また、金利が高い分審査基準が緩めで、「即日融資可能」の商品も多く、急な出費でも十分対応できます。
手軽に利用できる点が、銀行ローンに比較した利点といえるでしょう。

全体的に考えると「金利では銀行」「審査基準や融資スピードでは消費者金融」がおすすめです。
自分はどちらの借入が向いているのか、よく考えて利用を検討してみましょう。

悪徳業者には注意

一方、消費者金融の中には、よくわからない街中の小規模業者も存在しています。

「誰でも即融資可能」
「無審査でお貸しします」
「ブラックでもOK」

このような宣伝を掲げている金融業者には要注意です。
いわゆる「ヤミキン」と呼ばれる金融業者は、「どうしてもお金を借りたい」とう消費者心理を巧みについてきます。
お金がない場面では非常に魅力的な宣伝に思えますが、高い金利や手数料を請求されることになります。
最悪の場合、以後の人生を失う結果にもなりますので、決して甘い誘いには乗らないように注意しましょう。

悪徳金融業者を見分けるには「金融業者登録」が正式に行われているか調べるのが一番です。
金融庁ホームページなどを参考にして、正式な登録業者であるかどうか確認しましょう。
CMなどで宣伝されている大手消費者金融であれば、そのような心配もなく安心して借入できます。

長期的解決のために収入を増やす

これまで説明してきた対処法は、あくまで「短期的な」、言い換えれば「その場しのぎ」の対処法です。
借りたお金は、必ず返さなければいけません。
しかも利息を含めて返済する必要があります。
借りたお金以上の金額を返済しなければいけない点を考えると、中長期的な問題解決方法を探る必要があります。

中長期的な金銭問題を解決するには、やはり「収入」を増やすことが最も大切です。
とはいってもこれまで通り仕事を行っていても、収入増加につなげるもは難しいでしょう。
1年に一度の定期昇給を期待するよりも、より効果的な方法を考えてみましょう。

①副業を考える

「副業」と聞くと「内職」のようなものを思いつくかもしれません。
しかし一般的な「内職」の報酬はそれほど多くはなく、時間を使う割にはそれほど収入増加にはつながりません。
そこでパソコンやスマートフォンを活用して空いた時間に友好的に稼ぐことのできる副業を探してみましょう。

少し前までは副業で稼ぐには、休日を犠牲にして寝る間も惜しむ必要がありました。
しかし最近では急速なインターネットの普及も相まって、手軽にできる副業が多くなっています。
話題の「ユーチューブ」への動画投稿や、「クラウドソーシング」を活用した在宅副業で多額を稼いでいる方も存在しています。
記事作成・サイト運営・デザイン作成など様々な業務も探し出すこともできますので、興味のある方はチャレンジしてみてはどうでしょうか。

マイナンバー制度の導入で、一時期副業が会社にばれるという噂が流れました。
しかし会社側は基本的に支払う給与しか把握できませんので、自らミスをしない限り副業がばれるリスクは少ないでしょう。
しかし副業で得た収入にも税金も発生し、確定申告を行わないと「脱税」とみなされることもありますので注意しましょう。

②転職を考える

今の給与に満足できない場合は、思い切って転職を考えるのもひとつの方法です。
自分の今までの経験やスキルを活かせる職場を見つけると、大幅な収入増加も期待できます。

転職先を見つけるには、ここでもパソコンやスマートフォンが役立ちます。
信頼できる大手転職サイトに登録を行い、自分に合った転職先を探し出してみましょう。
転職サイトの中には、求人支援の他、転職に有効なスキルを身に着ける方法も多く掲載されています。

転職と聞くと敷居が高いと感じる方も多いかもしれません。
しかし今の状況を打破するには、思い切った手段を講じることも時には必要ではないでしょうか。

節約の心得

お金がないという状況を打破するには、収入を増やすだけでは問題の解決にはなりません。
収入を増やすと同時に、支出を減らす、つまり「節約」を心がけなければいけません。
普段の生活を見直して、少しでも支出を減らすことも考えてみましょう。

光熱費を節約する

光熱費を一番使うのは「夜間」であることをご存じでしょうか。
電気代などがかかるため「夜間」が一番光熱費が高くなります。
そこで「夜型」の生活を続けている方は、生活スタイルの見直しを行ってみましょう。
つまり「早寝早起き」を実践するわけです。

人間は太陽光を浴びて体内時計を整えています。
健康面からいっても早寝早起きはとても大切なことです。
健康に過ごすことができれば、医療費などの出費も抑えることができます。

夢の世界ならお金の心配もいりませんよ。

欲しいものリストを作る

お金がないと困っている方の大半は「無駄使い」をしています。
人間が文化的な生活を続けていくなかでは、最低限の無駄使い
は必要なことです。
しかし本人にとって何のプラスにもならない無駄使いはおすすめできません。

例えば買う予定の無かったものが「セール特売」という広告を見つけて、つい買ってしまうという経験はありませんか。
パソコンをいじっていて、つい目にはいった広告の品をインターネット通販で購入していませんか。
このゆおな衝動買いの多くは、あまり自分の役には立たないものです。

そこで無駄使いを防ぐためにも「欲しいものリスト」を作ってみましょう。
メモ程度でも構いませんので、事前に買うべきものを整理しておくのです。
そうすることで無駄な買い物をしないで、出費を抑えることができるでしょう。

自炊は食費節約になる?

節約を目指すのに、真っ先に自炊をして食費を抑えるという方も多いのではないでしょうか。
しかし自炊は必ずしも食費を抑えるとは限りません。
そもそも料理を上手に行わなければ、食材だけでもかなりの出費になってしまいます。

特に一人暮らしの場合、自炊で食材を無駄に使ってしまうだけでなく、つい自分の好きなものをたくさん作ってしまうケースも多いかもしれません。
栄養バランスの取れた食事を作らなければ、長期的には節約につながりません。
500円程度のバランスの取れたお弁当などを購入した方が 結果的には安上りになる可能性も多いでしょう。

そのお金は本当に必要ですか?

節約を考える中で、気に留めておいて欲しいことがあります。
それは「今そのお金が本当に必要なのか」ということです。

一時期の欲求を満たすものではありませんか?
ギャンブルや投資のためにお金を欲していませんか?
少し我慢すればいいものではありませんか?

このような「決して必要ではないお金」を求めるケースではないでしょうか
再度、自分自身を見つめなおしてみましょう。

状況別対処法

お金がないという方の状況も、人それぞれです。
自分の状況に応じた最適な方法を考えて実践することで、状況を打破することができます。
しかし次のようなケースの方は、問題を解決するにも少し困難を伴うでしょう。

無職の方

無職、つまり「収入」が無いという方の状況もそれぞれです。

「働きたくても働けない」
「仕事を探しているけど見つからない」
「そもそも働くつもりがない」

一番最後の方は問題外です。
努力をしないで、ただ「お金がない」と訴えているだけでは、神の救いも降りてきません。
まずは仕事を探すことから始めてください。

健康的な問題などで働くことのできない方は、国の制度融資などの支援を受けることが賢明です。
生活保護なども視野に入れて、役所などで相談してみましょう。

仕事が見つからないという方は、仕事に対して高望みをしていないでしょうか。
現在は各分野で人材不足が問題となっています。
決して自分が希望しない職種でも、高望みをしなければ見つけることもできるのではないでしょうか。
ともかく早く仕事を始めて、収入を得ることを目指しましょう。

主婦の方

主婦には「専業主婦」と「働いている主婦」の2パターンがあります。
後者の場合、自分である程度の収入があるわけですから、民間金融機関などの借入を利用することもできます。
銀行・消費者金融ともに「パートやアルバイトも利用可能」とした商品が多く登場していますので、利用を検討してみましょう。

一方、専業主婦の場合、最近は「利用不可」とする金融機関が多くなっています。
一部の金融機関では、配偶者(夫)の収入を考慮して借入を認めるケースもありますが、この場合配偶者(夫)の同意を求める先がほとんどです。
やはり短期アルバイトなどの自己努力が必要ではないでしょうか。

多重債務者の方

多くの借金を抱えて、新たな借入どころか返済も難しいというケースでは、問題解決の手段も限られてしまいます。
自己努力で収入を増やすことのできない場合、やはり「債務整理」を検討しなければいけません。

「債務整理」には主に「民事再生」「任意整理」「特定調停」「自己破産」の4種類があります。
自分の状況に応じた方法を選択することで、多額の借金返済からの生活から抜け出すことも可能です。
まずは弁護士事務所などの無料相談を活用して、アドバイスを受けるようにしましょう。

お金がないときの過ごし方・楽しみ方

お金がないからといって、節約だけを心がけていては息がつまってしまいます。
ときにはストレスを発散して楽しまなければ、健康にもよくありません。
ここではお金がないときの楽しみ方について考えてみましょう。

図書館を活用する

最近の図書館は、大人でも一日楽しめるほと設備が充実しています。
読書だけでなく、DVD閲覧なども可能になっており、好きなだけ名作を視聴できます。
当然料金はかかりませんので、気軽に楽しむことができます。
インターネット設備を完備している図書館では、情報収集なども行うことができるでしょう。

一般の方でも利用できる大学の図書館も増えています。
最新の設備が導入されており、ネットカフェのように一日過ごしていても飽きることはありません。
学生時代以来、図書館を利用していない方も、一度試してみてはいかがでしょうか。

ウオーキングでストレス発散

ストレスが溜まっているという方には、ウオーキングがおすすめです。
ウオーキングにはドーパミンやセロトニンを分泌させる効果があり、イライラを解消させることが科学的に実証されています。
歩いていると脳が活性化するともいわれていますので、お金に対する悩みなども解決策が浮かぶかもしれません。
運動不足の解消にもつながりますので、ぜひ実践してみましょう。

ブログを始めてみる

時間的に余裕がある方は、ブログを始めてみてはどうでしょうか。
無料で自分のブログページを簡単に作成するツールも多くあります。
本格的なブログ運営で、広告料などの副収入が発生することもあります。
自分の言いたいことを発信して同意を得ることができれば、自信にもつながるでしょう。

お金がないときのNG行動

逆にお金がないときに行ってはいけないNG行動についても理解しておきましょう。
普段の生活で身に覚えのある方は、ぜひとも改善するようにしてください。

ギャンブルに走る

「今このお金でギャンブルで一攫千金」

このように甘い考えで手持ちのお金をギャンブルにつぎ込んでも、何の解決にもありません。
そもそもギャンブルは「勝つ可能性が低い」ものなのです。
「ギャンブルで負債完済」という情報もありますが、ほとんどその可能性はありません。

負けることでさらにむきになって、気が付けば多額の借金を背負うことにもなりかねません。
一度足を踏み入れてしまうと、なかなか抜け出すことが難しいのがギャンブルであることを、しっかり頭にいれておきましょう。

借金を返済するために借金する

毎月の返済に追われるあまり、また借金を繰り返す。
よくあるケースですが、当然ながら借金が雪だるま式に増えてしまうだけです。
今支払うことができないものを、この先支払うことができる可能性は極めて低いでしょう。

毎月の返済に困っている方は、まずは借入先に相談してみましょう。
場合によっては債務整理なども視野に入れて専門家に相談するようにしましょう。

気が付かないうちに無駄使い

お金がないときには節約する必要があるのは、当たり前です。
しかし自分でも気が付かないうちに無駄使いをしていないでしょうか。

  • 動画配信サービスで月数千円
  • いっぱい300円のコーヒーで1ヶ月9,000円
  • 電気のつけっぱなし
  • 水の出しっぱなし

このように気が付かない場面の節約を行うだけでも、かなりの負担軽減になるはずです。

時間を無駄にする

お金がないという状況の反面、ぼんやりと時間を過ごしていることはありませんか。
空いている時間を有効的に活用して、お金を稼ぐことを考えてみましょう。

短時間のアルバイトやパート、自宅でのインターネットを活用した副業などで収入を増やすことができるはずです。
せっかく空いている時間、無駄に過ごすことほどもったいないこともありません。

貯蓄計画を立てない

「どうせ貯めるお金もないから」とその日暮らしでしのいでいませんか。
それではいつまでたっても状況を打破できません。

  • なぜお金がないのか
  • どうすれば貯蓄できるのか

経済的に苦しいことを言い訳にしてはいけません。
自分が置かれた状況を正しく把握し、対応策を考えてみましょう。
そのためにも、ぜひとも貯蓄計画を立てることをおすすめします。
いつまでに、いくら貯めるのかという目標を立てることが、自分にも励みになるはずです。

心に余裕を持って問題解決に打ち込もう

お金がないという場面は、誰もが陥るものです。
「自分には関係ない」という方でも、明日は何が起こるかわかりません。

しかしお金がない場面では、どうしても心に余裕が持てなくなるものです。
心に余裕がなければ判断を誤ることもあります。
つい高利な金融業者に手を出してしまい、後々の人生を棒に振ることもあります。

ピンチのときほど冷静な対処が必要です。
まずは心に余裕を持って、自分の今の状況を振り返ってみましょう。
そのうえで自分にあった対処法を探し出してみてください。

世の中、なんとかなるものですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

借り入れランキング!最短で即日借入&無担保・保証人不要【借入DX】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

借り入れランキング!最短で即日借入&無担保・保証人不要【借入DX】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 即日融資を受けるまでの流れと注意点

  • 会社からお金を借りる従業員貸付制度とそのデメリット

  • 国からお金を借りる総合支援資金貸付の種類と手続き

  • 年金を担保にしてお金を借りたい!

  • 今すぐお金を借りるならどこがいい?【オススメ4選】

  • 外国人でもお金を借りることは可能か?