遅延損害金の計算方法

遅延損害金とは?

金融機関からの借り入れ返済に遅れると「遅延損害金」が発生します。「遅延損害金」とは、レンタルCDやDVDにおける「延滞料金」のようなものです。

 

返済が遅れたときに支払わなければならない罰金のことで、金融機関によっては「延滞利息」と表示している先もあります。

 

遅延損害金が発生したら、通常の利息に追加して余分なお金を支払わなければいけません。ただでさえ高い利息を支払っているのに、さらに追加で遅延損害金を支払うことのないように注意しなければいけません。

 

遅延損害金の計算方法

遅延損害金は、以下の計算式で計算されます。

遅延損害金=借入残高×遅延損害金利率(年利)÷365日×延滞日数

 

遅延損害金利率は、利息制限法により上限が最大20.0%と定められています。実際に適用される遅延損害金利率は金融機関によって異なりますが、多くの先が法律の上限である「20.0%」の設定となっています。

 

必ず契約の際に確認しておきましょう。

 

上記の計算式でわかる通り、遅延損害金は日割りで計算されます。延滞日数がかさんでいくほど、どんどんと増えてきます。やむなく延滞を発生させたとしても、できるだけ早期に返済することが大切です。

 

遅延損害金を支払わないように!!

ただでさえ高い利息を支払っているのに、さらに追加で遅延損害金は発生させたくないものです。遅延損害金を支払わないためにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

計画的な利用

カードローンなどは気軽に借入できる手段として役立ちます。しかしその分、油断すれば借りすぎてしまうこともあるでしょう。気が付けば自分の返済能力を超えて利用してしまい、延滞を発生させてしまう危険もあります。

 

遅延損害金を発生させないためには、何をもって「計画的な借入」が必須です。

 

借入の前には念密な返済計画をたて、不必要な借入、無理な借入を行わないように注意しましょう。

 

返済期日の管理

延滞の理由で意外と多いのが「返済日をうっかり忘れていた」というものです。うっかりミスで余分なお金を支払うのは、非常にもったいない話です。自ら返済期日の管理をしっかりと行うようにしましょう。

 

最近の金融機関では、返済日の数日前にメールで返済日を知らせるメールサービスを行っている先も増えてきています。ホームページなどで設定を行うことで簡単に利用できますので、ぜひ活用していきましょう。

 

遅延損害金が発生すると個人信用情報に影響がある?

 

遅延損害金が発生した場合、個人信用情報に傷がついてしまうのでしょうか?

結論では「遅延損害金が発生した事実」は個人信用情報に記録されません。

しかし遅延損害金が発生したということは、返済が延滞したということです。この「延滞した」という事実は個人信用情報に記録されることになります。延滞情報は、仮に遅延損害金を支払い延滞を解消したとしても一定期間消えることはありません。

 

どの程度の延滞で個人信用情報に登録されるのかは、金融機関により異なります。「数日の延滞であれば個人信用情報に登録しない」という先もあれば「1日の延滞でも即登録を行う」先もあります。

 

これらの情報は一般的に公表されないものですので、「1日でも延滞したら個人信用情報に登録される」と考えておくようにしましょう。個人信用情報に延滞の記録が残ると、新規借入審査などに悪影響を与えます。

 

とくに2〜3ヶ月以上の長期延滞情報は、ほとんどの金融機関審査において致命傷となります。この点からも計画的な利用を心がけ、遅延損害金を発生させない=延滞を発生させないように注意しておきたいものです。