カードローンの限度額を増額する

カードローン限度額の増額とは?

カードローンを申込むと、審査によって借りることのできる借入限度額が決定されます。その結果に納得して契約を行うことで、カードローンが利用できます。しかし利用を続けていくと、契約時の借入限度額に物足りなく感じる方もおられるかもしれません。

 

カードローンの借入限度額を増やしたい!!

 

ここではカードローンの借入限度額の増額について考えてみましょう。

 

借入限度額は増額できる?

カードローンの借入限度額の増額については、2通りの流れがあります。

 

まずはカードローン会社から提案される場合です。

 

カードローン会社は、常に利用者の信用状況を確認していおり、問題ない方に対しては借入限度額の増額を提案されることがあります。

 

一般的には「増額の案内」といったはがきが郵送される他、電話勧誘、ATM利用時に表示といった方法で提案されます。

 

これまでの利用に問題ない方には、できるだけたくさん借りてもらおうということです。
この場合には、カードローン会社で一定の審査が完了していますので、同意すればすぐに増額を行うことができます。

 

もう一つは利用者側から増額を希望する場合です。

 

今の限度額では不足、もう少し借りたいと考えて、増額を希望する場合もあるでしょう。この場合には、カードローン会社に申し出て、再度審査に合格する必要があります。収入状況などの他、これまでの確実な利用実績も求められます。

 

なお、商品そのものに増額を認めていないものもありますので、増額を希望される方は、担当者に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

増額には応じるべきか?

利用者側から増額を希望する場合、増額審査に合格しなければいけません。一方、カードローンを利用していると、増額の提案がカードローン会社から行われることもあります。

 

この場合、利用者自身が了承すれば借入限度額の増額の手続きが速やかに行われます。会社側で一定の審査が完了した段階で、案内されていますので、まず問題なく手続きが完了するでしょう。

 

問題は、増額の提案に応じるべきかどうかです。

 

「いつ必要になるかもしれないから、一応増額しておこう」と思われる方も多いのではないでしょうか。借入限度額の増額により適用金利が引き下げられるケースもあり、この場合は非常にお得と感じるかもしれません。

 

しかし、借入限度額を引き上げすると必要以上のお金を借りてしまう危険もあります。

 

借入限度額に余裕ができたことを、自分の借入能力が上昇したと勘違いすることもあるのです。借入限度額が上がるということは、不必要なお金まで借りてしまう可能性もあります。

 

もし追加で借入すると、当然その分の負担が増えることになります。毎月の返済額が増えたり、完済までの日数が増えてしまうことになるのです。

 

増額に応じるかどうかは、そのときの自分の状況で慎重に判断するようにしましょう。

もし不要であると考えるのであれば、きっぱりと見送ることも勇気です。